初心者~中級者向け

【知識】メディアに画像をアップすると複数のサイズの画像ができてしまう

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

WordPressでは複数のサイズの画像が自動的に作られる

WordPressの投稿や固定ページに挿入する画像は、メディアライブラリという画面で管理できます。

直接メディアライブラリに画像を挿入することもできますし、投稿のたびに「メディアを追加」ボタンから画像を追加することも可能です。

メディアライブラリに大きなサイズの画像を追加すると、オリジナルの画像の他に、複数のサイズの画像が自動的に生成されます

アップロードしたオリジナルの画像は、「images01.jpg」です。しかし、ファイル名の末尾に「100x100」などの画像の大きさの名前のファイルが、自動的に作成されています。

これは、WordPressの標準の機能で、WordPressでは1つの画像を複数の用途に合わせて効率良く使うために、予め設定しておいた複数の画像が自動的に作られるようになっています。

この機能を図で見ると、下記のように、投稿に画像ファイルを挿入するとき、サイズが異なる画像を選択して挿入できるようになっています。

そのときに必要なサイズの画像を選択して、使うことができます。

これは便利な機能であると同時に、こうして画像ごとに自動的に複数のサイズの画像が生成されると、やがて画像が増えすぎてサーバーがいっぱいになってしまうかもしれません

ここでは、WordPressの画像ファイルの管理の仕組みとカスタマイズについて、紹介します。

サイズ違いの画像の自動生成を止める方法

まずは、サイズ違いの画像の自動生成を止める方法を紹介します。

WordPressをインストールすると、デフォルトで3つの種類のサイズの画像が自動生成されるようになっています。

WordPressの管理画面「設定」から、「メディア」を開いてください。画像サイズを設定する画面が表示されます。

設定できるサイズの種類は「サムネイル」「中サイズ」「大サイズ」です。

もしこれらのサイズの画像が不要なら、「幅」「幅の上限」「高さ」「高さの上限」を「0」に設定します。

数値を0にして再度、最初からアップロードをやり直しました。その結果、アップロードフォルダにある画像のファイルリストが以下のようになりました。

リストを見てみると、画像の数は減りましたが「100x100」「768x512」「2000x1200」の3種類の画像が、まだ自動的に生成されていることがわかります。

実は、WordPressで自動生成される画像のサイズは管理画面の「メディア設定」で設定されるだけでなく、テーマのfunctions.phpで設定されていたり、WordPressの隠しオプションであるスマートフォン用の画像サイズとしても設定されていたりします。

この記事で使用しているテーマは、公式テーマである「Twenty Seventeen」です。「Twenty Seventeen」のテーマフォルダからfunctions.phpを見てみると、以下のような記述が確認できます。

54行目と56行目に記述されている、add_image_sizeという関数によって、追加の画像サイズが設定されています。

関数のパラメータ(処理結果に影響を与える外から入ってくる値)に記載された「2000,1200」や「100,100」の数値が、そのテーマによって設定された追加の画像サイズです。

つまりこの2つの行を削除すれば、「2000x1200」と「100x100」の画像が自動生成されなくなります。しかしfunctions.phpをテーマの開発者ではない利用者が編集することは、あまりよろしくありません

自分で開発したオリジナルテーマなら大丈夫かもしれませんが、公式から配布されているテーマや、有料のテーマなどでは、何らかの理由があって追加の画像サイズが設定されている可能性があります。

ですので、functions.phpを編集するのではなく、テーマによって設定されている画像サイズを変更できるプラグインを使って、この問題を解決しようと思います。

なお、テーマファイルを編集するさいには、管理画面で直接せず、ダウンロードしてテキストエディタで編集することをお勧めします。詳しくはこちらをご覧ください。

【危険】WordPressテーマ編集はローカルファイルで行なうこと!

Simple Image Sizesプラグインで自動生成される画像のサイズを設定

WordPressのプラグイン「Simple Image Sizes」を使うことで、WordPressの管理画面から自動生成される画像サイズを変更できます。

WordPressのプラグイン追加から「Simple Image Sizes」を追加します。

プラグインを追加したら、有効化しましょう。

次にWordPressの設定から「メディア」を開きます。

先ほどの「メディア設定」の画面の下に、「medium_large_size」などの別のサイズが表示されていることが確認できます。

medium_large_sizeとは、WordPressの隠しオプションにて設定されているサイズです。その下の2つはテーマ「Twenty Seventeen」のfunctions.phpの設定によるものです。

今回は、この3つの追加の画像サイズについて「0」を指定し、この状態で、再度メディアライブラリに画像を追加します。

これで、意図しない追加の画像が生成されないようになりました。


ちなみに、画像ファイルをメディアにアップロードするのではなく、FTPを使ってアップロードした場合、そのままだとメディアに認識されません

その問題の解決方法は、こちらをご覧ください。

【有用】WordPressでFTPアップした画像をメディアと認識させる方法

 

まとめ

  • WordPressでは、メディアライブラリに画像を追加すると、別のサイズの画像も自動生成される。
  • 自動生成する画像のサイズを「0」に設定すると、画像は自動生成されなくなる。
  • Simple Image Sizesプラグインを使うと、自動生成される画像のサイズを管理画面で変更できる。
LINEで送る
Pocket