初心者向け

「節税王」で1,500社以上の決算を経験した節税ノウハウを知る

LINEで送る
Pocket

この記事は約3分で読めます。

あなたの税理士は節税に積極的ですか?

当サイトをご覧になっている方の中には、個人事業主や法人の経営者の方もいらっしゃることでしょう。

法人といっても規模は様々で、何人もの従業員を抱えている場合もあれば、一人で運営している場合もあります。

個人でも法人でも、事業を行っているかぎりが避けられないのが「決算」「申告」であり、重要なのが「節税対策」です。

ところで、税理士さんに決算書を作ってもらっている場合、今更ながら確認しておくことがあります。

それは、税理士さんが節税に積極的かどうか、です。

「税理士なんだから、税金を払う側の味方に決まってるだろ」というのは、大きな誤解です。

税理士さんは、対税務署対策として、第一に「間違いのない申告や届出を代行する仕事」が主であり、それ以上のこと、つまり「あなたの節税に協力するかどうか」は、また別な問題なのです。

ぶっちゃけ、節税に積極的に協力しない税理士さんが多いのが実情だそうです。

これ、知っていましたか?

とかく経営者は、決算処理は税理士さんなどにまかせっきりで、果たして事業の利益がいくらあるのか、節税がどれほどできているのか、把握していない場合が多いのではないでしょうか?

歯に衣着せぬ専門サイト「節税王」で節税を知る

わかるWeb運営事務局の国府田(こうだ)の友人で、個人・法人を問わず、事業の決算を1,500社以上経験したプロフェッショナルの節税コンサルの人がいるのですが、その人がぶっちゃけで節税ノウハウを語る「節税王」というサイトがあります。

大阪に拠点を置いているのですが、サイトはもちろん全国ネットです。

とかくはっきり言えない節税のグレーゾーンの話でも、このサイトを見ればクリアになります

というのも、この友人は人情があり、ざっくばらんで歯に衣着せぬ的確なアドバイスが特徴の人で、サイトにも遺憾なくその特徴が発揮されているからです。

「スポーツジム費用って経費で落とせるの?」
「キャバクラ代って経費になるんだろうか?」
「とりあえず今すぐできる節税対策は何!?」

こんなことを考えている方は、まず「節税王」を見てみてください!

こちらのサイトです。

 

このサイトで今、期間限定・部数限定の無料レポート「税理士が絶対に教えない節税対策 BEST8」がダウンロードできます。

この無料レポートでは、以下のようなことが簡単にできてしまいます。

  • 全ての領収書を経費にするには?

  • キャバクラの費用を経費にするには?

  • 憧れのフェラーリを経費にするには?

  • 自宅のテレビで節税するには?

  • コンビニ弁当で節税するには?

 

無料ですので使わない手はないです。ただ、期間限定・部数限定なのですぐにダウンロードしてください

「節税王」サイトの右サイドバーの上のバナーからダウンロードできます

 

LINEで送る
Pocket