運営者コラム

ウルトラマンになった男

その日、男は渋谷発、成城学園前行きのバスに乗っていた。「仕事を辞めさせてください。もう無理です。」それを言うために、仕事場に向かっていた。彼の仕事はぬいぐるみを着てカメラの前で演技をするのだが、それは壮絶なものだった。
運営者コラム

完成した「スター・ウォーズ」をけなされまくったルーカス

あなたは今、何ヶ月もかけて作ってきた商品サンプルを、何人もの幹部の前でプレゼンテーションしています。その商品サンプル作成のために、あなたは、会社から予定の3倍も出資してもらい、それでも足りない分を自分のありったけのポケットマネーで補ってきました。
運営者コラム

今いる世界は夢か現実か?

それが夢だと自覚しながら見ている夢、これは「明晰夢」と呼ばれ、脳内で前頭葉が半覚醒状態のときに起こると考えられています。「夢と現実の境目」と映画「マトリックス」の話です。
運営者コラム

シンクロニシティと引き寄せの法則

1950年3月2日の夜、アメリカのネブラスカ州のある教会で、7時20分から合唱練習が始められる予定でした。15人の聖歌隊員はみな敬虔なクリスチャンで、いつも必ず時間を守って集まっていました。ところがその夜は、時間になっても誰一人やってきません。
運営者コラム

勝ったのは百姓たちだ。わしたちではない。

戦国の世。ある村で、侍が率いる農民と村の作物を奪おうとする野武士との戦いが繰り広げられた。最後の決戦の時。刀と槍、火縄銃を使った激烈な戦いが続いた。やがて、勝ったのは侍と農民たちだった。しかし侍は、この戦いで何ら報酬をもらえるものではなかった。
運営者コラム

「友だち地獄」ってどんな地獄?

「サイトをどうしてもWordPressで作らなきゃならないの?」と思っているあなたに提案するWordPressの話。「何事に関しても目立たずに、周りと同じことをしなければならない」という強い「同調圧力」の話。の2本立てです。
運営者コラム

ゾーンでむき出しになる人間の本性

あるとき、隕石が落ちたか、宇宙人が来訪したか、何かが起こって、そこにあった村が消滅し、多くの人々がいなくなりました。政府はそこを「ゾーン」と呼んで立ち入り禁止にし、厳重な警備体制を敷きました。そこでは、想像を超えた超常現象が起こるのでした。
運営者コラム

誰も赤信号を渡らない社会

見通しのよい道で、横断歩道の信号が赤なので待っています。でも車は全く来ません。あなたは横断歩道を渡りますか?。渡らない人、車が来ないのに待つ理由は何でしょうか。事故に遭うのを防ぐため?それとも社会のルールを守るため?
運営者コラム

空と宇宙の境目はどこ?

今あなたは、丈夫な「気球」に乗っています。気球は屋根を越え、ビルを越え、上がっていきます。このまま行ったら、空が終わり、宇宙に行きつくのでしょうか?「空と宇宙の境目はどこ?」と「投稿と固定ページ」の2本立てです。
運営者コラム

江戸時代は一生未婚の人が多かった?

江戸時代の人の寿命は30歳ぐらいだったという説もあります。江戸時代の都市部では、よく、流行病で多くの人が亡くなったそうです。所帯を持つ年代になっても、流行病などにかかってしまうと、ついには結婚せずに亡くなってしまう。だから、江戸時代は生涯未婚の人が多かったそうです。
運営者コラム

ドラゴンは何と戦っていたのか?

こんな言葉があります。「疑う者は 『人間は飛べない 』と言う。実行する者は『わからないけれどやってみよう』と言う。そして最後には、信じなかった者が下から見上げている間、信じた者が朝焼けの中に舞い上がるのだ」
運営者コラム

破産寸前のジョージ・ルーカス

映画「スター・ウォーズ」の監督、そして、シリーズの生みの親である、ジョージ・ルーカス。彼は、稀に見るパイオニアの一人でした。「スター・ウォーズ」の権利をディズニーに売却して、巨万の富を得ました。しかし実は彼は昔・・・!
運営者コラム

ルーク「信じられない!」ヨーダ「だから、失敗するんじゃ」

ルーク「信じられない!」 ヨーダ「だから、失敗するんじゃ」 これは、映画「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」の中で、フォース(超常的な能力のエネルギー体)を使えるようになるために、主人公のルークが、師匠であるヨーダのもとで修行を積むシーンのセリフです。
運営者コラム

ヒトザルを進化させたモノリス

400万年前。アフリカの荒野に生きるヒトザル(原人類)の群れ。飢餓にさらされながら草の根をほじり、食料を探す。夜は凶暴な獣の来襲を避けて岩場に身を潜めて休む。この時代においては、彼ら人間の祖先は、常に絶滅の危機と隣り合わせている弱者の集団だ。
運営者コラム

サメが見えない「ジョーズ」の恐怖

1975年6月にアメリカで公開され、1ヶ月で6,000万ドル(当時の邦貨で約180億円)を叩き出す大ヒットとなり、それまでのあらゆる興行記録を塗り替えた映画。それは、サメと人間の死闘を描く「ジョーズ(JAWS)」です。
運営者コラム

アジアで一番仕事に自信がない日本人

アジア太平洋地域の9カ国で行なわれた「仕事で実現したい機会に対する意識調査」で、「仕事の機会を得て、それを実現していく自信があるかどうか」と言う質問に対して、最も「仕事に対する自信がない」のは日本人でした。
タイトルとURLをコピーしました