中級者向け

【知識】WordPressのマルチサイトって何?

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約6分で読めます。

WordPressのマルチサイトって何?

通常、WordPressはひとつのプログラムでひとつのサイトを管理していますが。マルチサイトにすることで、ひとつのプログラムで複数のサイトを管理することができます。

WordPressで複数のサイトを運営するようになると、次第に管理が複雑で工程が多くなってきます。パスワードの管理だけでも注意を要するでしょう。ログイン一つにも手間がかかります。

マルチサイト機能を使用すると、複数のサイトを一括で管理できるようになります。

プラグインを一括で複数のサイトに導入したり、どこかで行った編集が他サイトにも反映されると、かなりサイト運営が楽になるでしょう。

マルチサイトは、1回の編集で全てのサイトに編集の内容を反映させることもできるので、複数のサイトを管理していて、導入しているプラグインやテーマが似通っている場合、編集にかける時間を短縮させることができます。

マルチサイトにはどんなタイプがあるの?

マルチサイトにすると、マルチサイト内で管理しているサイトは全て同一のドメインが含まれるようになります。

マルチサイトの運用方法には、サブディレクトリ型、サブドメイン型、複数ドメイン型があります。

  • サブディレクトリ型
    wakaru-web.com/マルチサイト名/
  • サブドメイン型
    マルチサイト名.wakaru-web.com/
  • 複数ドメイン型
    マルチサイト名.com/

マルチサイトの最初の設定のときに、サブドメイン型かサブディレクトリ型のどちらで運用するのかを選択しますが、運用方法は最初に設定したら後から変更することはできません。

複数ドメイン型は、プラグインの使用で可能になります。

サブディレクトリ型では、ドメイン名の次にくるディレクトリ名でサイトが区別されます。

ディレクトリとは、ごく簡単に言うとサーバー上のフォルダのことです。

例えば、以下の場合には「wakaru-web.com」内に「web」というディレクトリがあるということです。
https://wakaru-web.com/web/

マルチサイトにすると基本サイトとサブサイトの関連性はURLを見ればすぐに分かってしまいますので、会社でWebサイトを管理していて、別プロジェクトのためのWebサイトを新たに立ち上げる場合などに有効ではないでしょうか。

一目で同一の会社が管理していることが分かるからです。

逆に、サイト同士の関連性を知られたくない場合、別々にサイトを扱いたい場合には、マルチサイトにするのはおすすめできません。

どんなサイトのときに有効?

例えば、以下のような構成のときに、マルチサイトが有効と思われます。

  • 本店・支店あるいは本社・支社という構造の運用
  • 本社・社の施設あるいは本社・工場という構造の運用
  • 例えば1年に1度サイトを大きく更新したり、過去の履歴サイトを保存していくような運用(行事、イベント、キャンペーン等)
  • カテゴリ分けの運用はなく、サイトに分けて運用するブログなど

マルチサイトのメリット・デメリット

マルチサイトにすることはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

メリット:手間が軽減される

前述の通り、一箇所の更新が他サイトにも反映される、プラグインを一括で導入できるなど、複数のサイトをバラバラに作成・管理するのに比べて、複数のサイトに対する手間が軽減されることが一番のメリットではないでしょうか。

メリット:SEOに強い

サイトをバラバラに管理していると、サイトの評価もひとつひとつバラバラに行われますので、複数のサイトの評価を一様に上げることは難しいです。

ドメインパワーというサイトのパワーを示すものがあり、サイトは運営を検索エンジンから評価されていて、更新が頻繁だとそれだけドメインパワーも上がりやすいようです。

マルチサイトにすると、基本サイトのドメインパワーが強ければ他のサイトにもそのパワーを伝えられるので、基本サイトが強ければ、あまり更新していないようなサブサイトでも検索結果で上位表示させやすくなるようです。

メリット:複数サイトのコストが抑えられる

独自ドメインでサイト管理するなら、ひとつひとつのドメインに料金を支払わなければならず、長期的にサイト運営する場合、複数のサイトがあるとそれだけ費用がかかってしまいます。

しかし、マルチサイトにすれば複数のサイトがひとつのドメインで作成できるため、経済的に節約することができます。

デメリット:サーバーによってはマルチサイトに対応していない

サーバーによってはWordPressのマルチサイトに対応していないところもあるため、これは最初に確認が必要です。

デメリット:マルチサイト設定が面倒

デメリットとしては、慣れていない人にとっては設定や管理が面倒になる可能性があります。

マルチサイトにするにはコードの編集が必要になります。ふだんテーマやプラグインを直感的に編集しているだけだとすれば、マルチサイトにすることが初めてのコード編集作業になるでしょう。

具体的には以下の記述を行ないます。

WordPressをインストールした直下にあるファイル「wp-config.php」に下記、コードを追記します。

define('WP_ALLOW_MULTISITE', true); 

位置に注意が必要です。必ず、以下の記述よりも上に記述します。

/* 編集が必要なのはここまでです ! WordPress でブログをお楽しみください。 */

そしてこの後、管理画面(ダッシュボード)内の操作が続きます。

テンプレートの扱いやソースの編集に慣れていない人にとっては、手間取ってしまい面倒な作業になるでしょう。もし編集を間違えると、編集前の状態に戻せなくなることもありえます。

それまでの苦労が水の泡となってしまうこともありますから、まずはテストサーバーで試すなどして慎重に行いましょう。

デメリット:プラグインで使えないものがある

一部のプラグインがマルチサイトに対応していないため、基本サイトのプラグインをそのままサブサイトにも適用させようとしたら肝腎なものが非対応で、思っていたのとはまるで違う結果になってしまったということは珍しくありません。

使いたいプラグインが使えないと、WordPressとしての編集の利便性がかなり損なわれてしまうため、マルチサイトにすることが必ずしも良い結果につながるとは限らないのです。

実際、「プラグインが使えずにマルチサイトにメリットを感じなかったので元に戻した」という事例はたくさんあります。そういう場合は、通常の状態(マルチサイトではない状態)に戻すべきです。

利便性が感じられないのなら、無理にマルチサイトにこだわる必要はないからです。

 

まとめ

  • マルチサイトにすれば、複数のサイトが一括で管理できる。
  • マルチサイトは、SEOに強い。
  • サーバーによっては、マルチサイトに対応していないところがある。
  • マルチサイトにするまでの手間が、慣れていない人にとっては面倒、また一部プラグインが使えない。
LINEで送る
Pocket