空と宇宙の境目はどこ?

当記事は「わかるWeb」メールマガジンの過去記事です。最新のメールマガジンの受信はこちらで登録ください!

LINEで送る
Pocket

この記事は約8分で読めます。

今あなたは、
丈夫な「気球」に乗っています。

その気球で
空に向かって
上昇して行きます。

気球は
屋根を越え、
ビルを越え、
上がっていきます。

地上の人が
どんどん小さくなっていきます。

ついには、
高度3,776メートル
富士山の高さに達しました。

このまま行ったら、
空が終わり、
宇宙に行きつくのでしょうか?

この気球は大丈夫です。
破裂したりしません。

最後まで持ちこたえて、
地上に帰って来れます。

さて、あなたは思います。

ところで、
空と宇宙の境目は、
どこなのだろうか?と。

 

さらに空を上がっていくのですが、
その前に・・・

WordPress(ワードプレス)の
簡単な話を一つだけしましょう (^▽^)

(空の話を読みたい人は、こちらまで飛ばしてください)

---------------------------------------------------------

WordPressで記事を投稿し始めるとき、「投稿」と「固定ページ」のどちらかのページのタイプを使うことになりますよね?

あなたは、どちらを使っていますか?

「いつも投稿を使うから、固定ページの使い方がわからないよ」
あるいは、
「一度書いたらほとんど変更しないから、固定ページばかり使っているよ」

このどちらも、
「間違い」ではないと思います。

あなたのサイトなのですから、あなたの思うように使えばよいと思います。

でも、
それぞれのページのタイプに
「特徴」はあります。

もしあなたが、
ブログのように記事を増やし、
自動的に新着記事や人気記事一覧などを出したかったら、「投稿」を使うのがよいでしょう。

もしあなたが、
普通のサイトのように
「会社概要」
「サービス案内」
「このサイトについて」
などの、
おのおの独立したページを作っていきたかったら、「固定ページ」がよいでしょう。

「投稿」は、
時系列的に管理されて、
ブログのページのように使えます。

「固定ページ」は、
他と独立したページで、
普通のウェブサイトのページような感覚で使えます。

どんなコンテンツを
どのように入れていくかで、
どちらのページタイプを使うのか、判断は変わってくると思います。

「うーん、わかったような、わからないような・・・」

迷った方は、
「わかるWeb」まで質問ください (^-^)

こちらで「友だち」追加すると、1対1のやりとりができます。
(追加したら、何でもよいので是非ひとこと送ってください!)

お気軽にどうぞ!

---------------------------------------------------------

さて、
気球は上がっていきます。

ついに、
高度4,000メートルに達しました。

なんか
さっきから息苦しいので、
持ってきた酸素マスクをつけましょう ( ̄▽ ̄;)

この高度の酸素濃度は、
地上と比べて
6割程度しかないようです。

でもこの高さ(4,000メートル)でも、鉄道が走っているところがあるんです!
中国の西寧とチベットのラサを結ぶ、青蔵(青海チベット)鉄道です。

この鉄道の最高地点は、
何と5,000mを超えているそうです!

まさに天空列車ですね。

高度5,000メートルというのは、
人間が長期間生活できる限界高度と言われています。

5,000メートルで、
酸素濃度は
地上の約半分しかないのだそうです。

よくそんなところに
鉄道を作ったものです。

敷設工事をした人たちは、
我々と比べて、違う体力を持っているのでしょうか?
もちろん、高山に慣れているのでしょうが。

さて、酸素もそうですが、
気温も下がってきたので、
もういっそのこと
持ってきた簡単な宇宙服に着替えましょう (^-^)

ああ、これで安心だ。
さて、もっと上がっていきます。

 

高度1万メートル(10km)に達しました!

このあたりは、
旅客機が飛ぶ高さです。

地上から1万2千メートル(12km)ぐらいの高さまでを、「対流圏」と呼びます。

雨や雲など天気の変化は、
この「対流圏」の中で起こっています。

 

ここで衝撃的なニュースです!!

といっても、
1972年の出来事ですが (〃▽〃)

なんと、
高度1万メートル(10km)から
パラシュートなしで落下して、
生還した人がいるそうです!

セルビア人の女性
ヴェスナ・ヴロヴィッチさんです。

客室乗務員だった彼女は、
爆発した飛行機から放り出され、

パラシュートなしで
1万メートル落下して
森林地帯に落ちました ( ̄ロ ̄lll)

たまたま、
落下地点あたりは木が生い茂っていて、厚い雪が積もり、斜面だったことなどで、落下の衝撃が緩和されたらしいのです。

頭蓋骨や脚など、
何箇所も骨折したにもかかわらず、
ヴロヴィッチさんは奇跡的に一命を取り留めました!

こんなこともあるんですね・・・(ゴクリ)。

でも彼女、
歩けるようになったら、
再び飛行機関係の仕事に戻ったそうですよ。

トラウマにならないんでしょうか(;^_^A

 

 

さて、我々の気球は、
さらに上がって行き、
成層圏」に入りました。

高度1万2千メートル(12km) から5万メートル(50km)ぐらいまでは、「成層圏」です。

以前の記事で、
2012年に、
高度3万9,000メートル(39km)から
地上に向けてダイブして生還したフェリックス・バウムガートナーさんのことを書きましたが、

実はその後、
2014年に、
彼を上回る「つわもの」が出ました ( ̄ロ ̄lll)

そのつわものとは、
なんと「Google」の検索担当上級副社長(何だかすごいポストですね!)のアラン・ユースタスさんです。

57歳のユースタスさんは、
高度4万1千メートル(41km)からダイブして生還し、それまでのバウムガートナー さんの記録を「大幅に」塗り替えてしまったのです!

いやあ、
何でそんなことを競うのか・・・
と、思う人もいるかもしれません。

それにこれ、
高度4万メートルとか、
もはや「高所恐怖症」の「高所」という概念を超えた高さですかね?

でも、
すごい人たちです。

 

さあ、宇宙はもうすぐです!

高度10万メートル(100km)あたりでは、酸素濃度は地上の1万分の1程度しかありません。

実はさっきから、
宇宙服のヘルメットの中で顔が痒いのですが、ヘルメットを外して掻くと死んでしまいます。
だから、ガマンします (〃▽〃)

 

もうかなり宇宙っぽいです。

境目はどこだ?
「ここから先は空気がなくなる」というきっぱりとした境界線は?

・・・ないですね。

 

さらに上に行って、
高度80万メートル(800km)から1億メートル(10,000km)が「外気圏」と呼ばれていますが、

地球大気の研究をしている学者は、その1億メートル(10,000km)より上を「宇宙」と呼んでいるそうです。

高度1億メートル(10,000km)!

感覚がつかめない数値です。
そんな高さまで「空」であることも、驚きです。

ちなみに、
国際宇宙ステーションは
高度40万メートル(400km)あたりを飛んでいるので、これまで我々が気球で旅して来た「大気の中」にあることになります。

・・・知りませんでした。

 

さて、
高度1億メートル(10,000km)以上という基準以外にも、宇宙の境目の定義は、その立場によって様々に存在します。

国際航空連盟では、
カーマン・ラインと呼ばれる
10万メートル(100km)のラインより上が宇宙であると定義し(これが一般的な定義のようです)、

アメリカ空軍は、
8万メートル(80km)より上であると定義し、

NASAでは、
スペースシャトルが地球に帰還する時、高度を下げてきて、高度12万メートル(120km)に達すると「大気圏再突入」と言うそうです。

観察者の立場によって、
観察の目的によって、
あるいは表現によって、
宇宙との境目は、
違ってくるのですね。

どこからが「宇宙だ」という
決定的な境目はないのです。

宇宙に向かって
グラデーションのように空気が薄くなっていき、あとは、人間が様々に境目を定義している、ということですね。

さて、
気球で地上に帰りましょう。

 

地上の我々の問題。
境目はいろいろなところにあります。

海と川の境目。
都会と田舎の境目。

友人と知人の境目。
敵と味方の境目。

仕事とプライベートの境目。
「事業が軌道に乗ったよ」というときの「乗った」の境目。
「成功」と「失敗」の境目。

心理的な境目については、
どれも、
人の立場やとらえ方によって、定義が変わってくることでしょう。

いや、
境目が変わるだけでなく、
両極の意味すら変わってきます。

単なる「知人」だと思っていたけど、
実は、自分を成長させてくれる「重要な友人」だったとか。

最初感じたときは「失敗」だけど、
実は「成功」への過程だったとか。

 

ビジネスを立ち上げるとき、
どこまでやれば十分なのか、
どこまでいけば成果が期待できるのか。

その境目など、
簡単にはわかりません。

いや、
きっと境目などありません。

自分が決めた地点
越えたと感じたとき、
それが境目なのでしょう。

どこまで行けば明かりが見えてくるのか、なかなかわかりません。

でも、それを苦とせず、
気球で旅するように、
楽しんで興味をもって、進みたいですね!

そうすれば、
いつの間にか宇宙に飛び出して、軽々と無重力状態で遊泳しているかもしれません。

もし、
苦しみと諦めばかりでは、
いつまでたっても、
本来ないはずの「境目」から、抜け出せないかもしれませんね!

 

LINEで送る
Pocket