初級者向け

【知識】コアサーバーにWordPressをインストールする方法

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約5分で読めます。

コアサーバー(CORESERVER)にWordPressをインストールする

低価格ながらも玄人向けと評判のレンタルサーバー「コアサーバー(CORESERVER)」には、WordPressのインストールを簡単な操作で実行できる機能があります

コアサーバーは、各設定において、他のレンタルサーバーと比べて少々手間がかかる部分もありますが、これから紹介する手順を実行すれば、難なくWordPressが使えるようになるでしょう。

コントロールパネルのスクリーンショットを使って、コアサーバーにWordPressをインストールする方法を紹介します。

WordPressインストール手順1:データベースを作る

コアサーバーではWordPressの簡単インストール機能が使えますが、WordPressで必要なデータベースは、予め手動で作成しておく必要があります。

データベースって何?という方は、以下の記事をご覧ください。

【基本】データベースって何?

それでは、まずデータベースを作りましょう。

コアサーバーのコントロールパネルにログインしてください。

コントロールパネルの左サイドバーに「データベース」と書かれたアイコンがあるので、クリックします。

「MySQL一覧」ページが表示されます。まだ1つもデータベースが出来ていないので、空っぽです。ここにデータベースを作ります。

データベースの新規作成」ボタンをクリックしましょう。

【DB名】
データベースの名前

【パスワード】
データベースにアクセスするためのパスワード(コントロールパネルのパスワードと別でOK)

【文字コード】
UTF-8のままに

【メモ】
データベースにメモを付けたい時に入力(空欄でもOK)

データベースの設定が完了したら、「データベースを新規作成する」ボタンをクリックしましょう。

これでデータベースは完成です。

WordPressインストール手順2:サーバーにWordPressをインストール

次に、サーバーにWordPressをインストールします。

コアサーバーでは、管理画面からWordPressをインストールする機能が使えるので、それを使ってインストールしましょう。

まず、コントロールパネルのトップページを表示します。

サイト設定」のアイコンをクリックします。

左サイドバーの一つ右の列にある「ツール/セキュリティ」をクリックします。

画面を下にスクロールすると、「CMSインストール」という見出しが表示されます。

「WordPress 4.9」「Movable Type 5.2」「XOOPS X」と3つのCMSが表示されていますが、ここでは「WordPress 4.9」のボタンをクリックします(当記事閲覧時点で、バージョンは変わっているかもしれません)。

CMSインストール画面が表示されます。インストールパスとしてディレクトリ名を入力することができます。

ここで表示されている「/public_html」とは、ドメインの直下を表しています。

ディレクトリ名(フォルダ名)を入力しないでWordPressをインストールした場合、例えばドメイン名が「example.com」の場合、WordPressのインストールディレクトリは、以下のようになります。

http://example.com/

例では「wp」というディレクトリ名を入力しているので、WordPressのインストールディレクトリは、以下のようになります。

http://example.com/wp/

WordPressでは、インストールディレクトリとWebサイトのトップページのディレクトリは、別に設定できます

例えば、インストールディレクトリが「http://example.com/wp/」でもWebサイトのトップページとして「http://example.com/」のURLを設定することが可能です。

ですから、「ドメイン直下のディレクトリにWordPressのファイルを置きたくない(フォルダの中にまとめて置いておきたい)」という場合でも、サイトのURLに影響を与えることなくできます。

設定ができたら、「CMSインストール」ボタンをクリックしましょう。

これで、WordPressのインストールが完了しました。

WordPressインストール手順3:WordPressの初期設定をする

サーバーにWordPressがインストールできたら、WordPressの初期設定を行います。

先ほど設定したWordPressのインストールパスに、ブラウザでアクセスしましょう。例えば、ドメインが「example.com」でインストールパスが「wp」の時は、以下にアクセスします。

http://example.com/wp/

「WordPressへようこそ」の画面が表示されますので、「さぁ、始めましょう!」ボタンをクリックします。

WordPressに、先ほど作ったデータベースの設定を適用させます。

【データベース名】
さきほどコントロールパネルで作成したものと同じ

【ユーザー名】
データベース名と同じ文字列

【パスワード】
データベースのパスワード

【データベースのホスト名】
「localhost」でOK

【テーブル接頭辞】
「wp_」でOK

すべての設定が入力できたら、「送信」ボタンをクリックしましょう。

データベースが適切に設定されていると、上記のような画面になります。問題なければ「インストール実行」ボタンをクリックしましょう。

引き続きWordPressのログイン情報を入力します。すべての情報が入力できたら「WordPressをインストール」ボタンをクリックします。

これで、コアサーバーにWordPressがインストールできました。

 

まとめ

  • コアサーバーでは、WordPressの簡単インストール機能が使える。
  • コアサーバーでは、WordPrsssをインストールする前に予めデータベースを作る必要がある。
  • コアサーバーでは、「データベース名」と「データベースユーザー名」は同じになる。
LINEで送る
Pocket