初心者~中級者向け

【有用】WordPressでFTPアップした画像をメディアと認識させる方法

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

「画像をメディアで認識させる」ってどういうこと?

WordPressで画像をアップロードするとき、一番簡単なのはダッシュボードのメニューの「メディア」→「新規追加」からアップロードする方法でしょう。

この手順で問題ないのですが、もうひとつ、FTPを用いて画像ファイルをサーバーにアップロードする方法もあります。

例えば、別のWordPressサイトから記事を移動させる場合など、画像ファイル数が多い時は、FTPを用いてサーバーに一括アップロードすると便利です。

しかし、FTPでアップロードしただけでは、WordPressのメディアライブラリに表示されません

つまり、記事や固定ページに画像を記事に挿入できませんし、アイキャッチ画像としても使えません。

そこで、メディアライブラリに表示されるようにする事を、ここでは「画像をメディアで認識させる」と呼びます。

画像をメディアで認識させるためのプラグインを紹介します。

そもそもFTPって何だっけ?という方はこちらの記事をご覧ください。

【基本】FTPって何のこと?

日本製で広く使われている「Media from FTP」

Media from FTPは、日本人の開発者が作った、画像をメディアで認識させるためのプラグインです。

管理画面「プラグイン」→「新規追加」で「Media from FTP」を検索します。同タイトルのプラグインが表示されますので、インストールと有効化を行います。

Media from FTPの設定で注意すべきは、日付欄

設定画面はとても見やすく、ほぼインストール時の初期設定で使用できます。

しかし、WordPressの画像ファイル保存方法(年月ベースの保存)に関連して、日付欄の設定だけは注意が必要です。

一般に、WordPressの管理画面より「設定」→「メディア」を確認すると、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダに整理」にチェックがついている方が多いと思います。

WordPressの初期設定は、チェックありです。

この初期状態でFTPで画像転送する際、下記のようなフォルダ名を確認できます。

例: /wp-content/uploads/2018/10

そこで、Media from FTPの「設定」→「登録タブ」の画面において、画像ファイルの日時をそのまま反映させるために、下記の2つのどちらかを選択する必要があります。

  • ファイルの日時を取得し、それに基づいて更新。必要に応じて変更。
  • ファイルの日時を取得し、それに基づいて更新。必要に応じて変更。Exif情報※の日時がある場合は優先的に取得する

また、「アップロードしたファイルを年月ベースのフォルダーに整理」のチェックを外しましょう。

チェックされていると、アップロードされた画像ファイルが今月のフォルダに移動してしまい、投稿記事を別ブログから移動した場合、記事に挿入された画像のリンクを修正する必要が出てきます。

※Exif(イグジフ/エグジフ)情報
「Exchangeable image file format」の略で、「デジタル写真の位置情報やカメラ情報」の意味。

Media from FTPでのメディア認識作業

手順1:FTPで画像ファイルを転送する

まず、FTPソフトやレンタルサーバーのFTP機能で、サーバーに画像ファイルをアップロードします。

今回は、この画像をアップします。

 アップロード先は、「/wp-content/uploads/2018/10」などの、「年と月で分類されたフォルダ」です。

なお、通常の方法である「メディア」→「新規追加」でアップロードする際は、php.ini※で設定されている最大アップロードサイズ以上の転送はできませんが、FTPで転送する際はサイズ制限を受けないので、多くの画像ファイルをアップロードできます

レンタルサーバーでサイズ制限を設定されている場合がありますので、注意して下さい。

※php.ini
PHPのプログラムを動かすための設定ファイル。

手順2:認識されていないメディアを検索する

試しに、FTPで画像を転送した直後に、管理画面よりメディアライブラリを表示してみてください。

FTPで転送しただけでは、メディアライブラリに画像が表示されません。これは、まだ「画像がメディアして認識されていない」からです。

そこで、「画像をメディアとして認識する」手順に入ります。

管理画面に「Media from FTP」が追加されていますので、このメニューより「検索&登録」をクリックします。

すると、メディアとして認識されていない画像のリストが表示されます。

手順3:メディアとして認識させる

認識させたい画像ファイルにチェックを入れ、「メディアを更新」をクリックします。

もしチェックを入れたファイルが1つなら、「1ファイルを登録しました」と表示され、URLや日付等のファイル情報が表示されます。

改めて、メディアライブラリを表示してみてください。FTPで転送した画像が表示されています。

メディアとして認識されましたので、記事や固定ページに挿入したり、アイキャッチ画像としても利用できます。

参考:メディアとして認識された後の画像ファイルを確認

せっかくなので、認識後に転送されたファイルを、FTPでアクセスして確認してみましょう。

転送したファイルが「sample_image.jpg」の場合、例えば下記の複数のファイルが生成されています(環境によって変わります)。

  • sample_image-150x150.jpg
  • sample_image-175x131.jpg
  • sample_image-250x188.jpg
  • sample_image-300x225.jpg
  • sample_image-385x289.jpg
  • sample_image-768x576.jpg
  • sample_image-1024x768.jpg

環境によってファイル数やピクセル数が変化しますが、複数サイズのファイルが自動生成されています。

メディアで複数の画像ファイルが生成されることの詳細、およびサイズ違いの画像の自動生成を止める方法は、こちらをご覧ください。

【知識】メディアに画像をアップすると複数のサイズの画像ができてしまう

その他のプラグイン

Media from FTP以外のプラグインとしては、下記が知られています。

ともに、管理画面「プラグイン」→「新規追加」からインストールできますが、いずれのプラグインも、2018年10月時点では半年以上更新されていませんので、注意が必要です。

現時点では、「Media from FTP」が広く使われています。

 

まとめ

  • WordPressサイトで、FTPを使ってアップロードすると、そのままではメディアとして認識されない。
  • FTPでアップロード後、プラグイン「Media from FTP」を用いてメディアと認識させることができる。
  • Media from FTPは、日本人が開発したプラグインで設定が分かりやすい。日付に関する設定に注意すれば簡単に使える。
LINEで送る
Pocket