初級者向け

【基本】WordPressのテーマって何?

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約7分で読めます。

「テーマ」と「テンプレート」って何?

WordPressの用語で、「テーマ」と「テンプレート」という言葉がありますが、これはどんな意味なのでしょう。

WordPressで「テーマ」といえば、サイトの外観を決める「(ブログでいうところの)スキン」のようなものであり、同時に独自の機能も併せ持つ、いわば「サイトの表示パッケージ」のようなものです。

WordPressで「テンプレート」といえば、その「テーマ」を構成する個々のファイルを指します。言い換えると、WordPressの「テーマ」は「テーンプレートファイル」の集合体です。

巷ではこの「テーマ」と「テンプレート」は、本来の意味とは異なって使われていることも多く、例えば「有料のテンプレートはデザインもかっこよく、機能もそろっている」などと使われることがありますが、これはWordPressの言葉でいうと「有料のテンプレート」ではなく「有料のテーマ」のことです。

しかし、たとえ意味を混同して使っているとはいえ、結局は同じもの(テンプレートファイルで構成されたテーマ)を指すことになるので、大きな間違いとは言えないかもしれません。

それで「テーマ」って何?

テーマとは、サイトの外観を決める「スキン」のようなもので、「サイトの表示パッケージ」のようなものです。

サイトのデザインや体裁以外にも、サイトの構成や機能も司ります。

例えば、サイト全体で女性向けの美しいデザインを再現するとともに、カテゴリーやページごとに商品一覧の出し方を変えたり、新作商品だけを新しい順に見せたり、日々更新する店員ブログのコーナーを表示したりなど、見せ方の一切を「テーマ」が制御するのです。

さらにテーマは、デザインも機能も自由にカスタマイズすることができます。

テーマをカスタマイズするさいには、WordPress本体に触れることはありません。つまり、WordPressでサイトを作るということは、「テーマを作る」ということになります。

テーマは、管理画面(ダッシュボード)にて(あたかもブログのスキンのように)ワンクリックで変更することができます。

クリックするだけで、まったく違う体裁、違う表示ルールのサイトになるのです。

無料テーマと有料テーマ

インターネット上では、実に様々な多くのテーマが配布されていて、その総数は数千とも一万ともいわれています。

無料のテーマもあれば、有料のテーマもあります。有料のテーマは、数千円から数万円以上と様々です。

ただし、有料であるから使いやすい、高額であるから使いやすい、無料であるから使いにくい、とは言えません。

これまでの筆者の経験でも、有料テーマを買ったはいいけど、いざカスタマイズしようとすると、テーマの構造の分析に時間がかかってカスタマイズしにくかったり、そもそも先進的なデザインを優先するあまり、カスタマイズできる範囲が限られていたり、あるいはサポートにメールで質問してもごく基本的な答えしか返って来ず、解決策が見つからなかったり、ということがありました。

逆に無料であっても、作ろうとするサイトに近い構造であったり、構造がシンプルでカスタマイズしやすいテーマもあります。

ともかく、まずはインストールして試してみるのが一番です。というか、そうするしか適切なテーマかどうかを確かめる術がありません。

初めてテーマをいじるなら、まずは無料のテーマで十分です。

WordPress公式テーマと非公式テーマ

テーマには、WordPress公式テーマと非公式テーマとがあります。

公式テーマとは、WordPressの管理画面(ダッシュボード)から検索すると表示されるテーマで、WordPressに承認されていて、セキュリティ上の脆弱性が少ないとされています。

公式テーマは利用している人が多いことから、多くの人がカスタマイズ・研究しているため、テーマについての情報はたくさんあって、使い方を調べたときに答えが得られやすいという特徴があります。

非公式テーマは、公式テーマの倍ぐらいの数があるといわれています。

非公式といっても、いかげんなもの、怪しげなものというわけではなく、よく利用されている人気のあるテーマは、アップデートを重ねて進化していて、信頼性もデザイン性も高いものがたくさんあります。

どうやってテーマを選んだら良いの?

しかし結局、何を根拠にテーマを選んだらよいのでしょうか?

まず信頼性という観点から言えば、インターネットで検索してみて、いくつものサイトでよく紹介されている評判が良いテーマがよいでしょう。あるいは、テーマの配布元サイトを見て信頼性を確認し、選んでみるのが良いでしょう。

テーマを選ぶポイントですが、単に見た目の良いデザインだけで選んでしまうと、ちょっとしたことでもカスタマイズしづらかったり、サイト運営段階で使いづらかったり、さらにはセキュリティに問題が生じるという場合もあるようです。

「デザイン性はどうか」「(有料の場合)料金はいくらか」以外に確認すべきポイントは、以下の点ではないでしょうか。

  • レスポンシブデザイン(レスポンシブレイアウト)であるかどうか ※1
  • カスタマイズしやすいかどうか ※2
  • 長期間更新されていないテーマは避ける ※3

※1
レスポンシブデザインとは、PCやスマートフォンなどの全ての機器で同じサイトを見せるために、CSSなどで体裁を調整するレイアウトのことです。レスポンシブデザインではない場合には、例えばPCサイトとスマートフォンサイトが別々のサイトになっていて、アクセスに応じてそれぞれのサイトに振り分ける、などということになります。

※2
「カスタマイズしやすいかどうか」こればかりは経験してみないとわかりません、無料のテーマであれば、とにかく使ってみて気に入らなければどんどん変えていく、という方法をおすすめします。テーマは後からいくらでも変えられるのですから。

※3
長期間更新されていないテーマは、サポートがない、メンテナンスされていない、最新のWordPressと互換性がない、などの危険もあるようです。WordPress公式テーマであれば、ダウンロードページに最終更新日が明記されています。

人気のテーマ

WordPressのテーマは無数にありますが、例えば以下のようなテーマが人気のようです。

無料テーマの例

Simplicity2のダウンロード

有料テーマの例

ストーク

オリジナル(自作)テーマを作る

  • いくつもテーマを使ってみたけど、本当に気に入ったテーマは見つからない
  • 既存のテーマは、ちょっと直そうとしても意外とカスタマイズが難しい
  • みんなが似たようなテーマを使っているから、サイトにオリジナリティが出ないのが嫌だ
  • いっそのこと、自分でテーマを作れないの?

そんな場合には、自分のテーマ(オリジナルテーマ)を作ることができます。

自分で作ったものであれば構造は理解しやすいし、自由に体裁や機能を変えていくこともできます。

それには、WordPressの構造・仕組み、Webページを構成するhtmlやCSS、そしてWordPress独自の関数(ある表示・動作を行なうための部品のようなもの)などの知識を少しずつ覚えていって、できるところから試してみるのが良いでしょう。

サイトの進化とともに、あなたの知識も進化させれば大丈夫です。当サイトでも、WordPressのカスタマイズについて触れていきます。

 

まとめ

  • WordPressのテーマとは、サイトの見せ方の一切を制御する表示パッケージのようなもの。
  • WordPressでサイトを作るということは、テーマを作るということ。
  • テーマには有料のものも無料のものもあり、オリジナルテーマを作ることもできる。
LINEで送る
Pocket