初級者向け レポート

【初歩】いまさら聞けない!WordPressの超カンタン初めの一歩!

WordPressの知識
この記事は約14分で読めます。

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

WordPressをインストールしたら、まず何をすべき?

今、WordPressをインストールしたばかりのあなた。

さっそく記事を投稿したいけど、その前に、最低限何をすべきなのか。

「やることの順番が整理できない」

「頭の中がまとまらない」

そんなことも多いかもしれません。

 

そこで、ごくカンタンにWordPressの初期準備をしましょう

WordPressは初級者に優しいツールです。

ですから、WordPressに苦手意識を持っていたら、まずそれを捨ててください (^-^)

たとえ足りないことがあっても、後から付け足せばOKです!

そして、このページを見てわからないこと、つまづいたことがあれば、どんな小さなことでもこちらにご相談ください

ご一緒に解決して、サイト作りを進めましょう!

 

なお、ここでは、WordPressのインストールが終わっている前提で、説明を進めます。

WordPressのインストールの方法、そして必ず使う「テーマ」とは何かについては、以下をご覧ください。

WordPressのインストール、そして「テーマ」とは何か

WordPressのインストールの方法、どこでインストールするのか、などを確認したい方は、こちらをご覧ください。

【基本】WordPressのインストールって、どうやるの?
WordPressには、契約しているサーバーで簡単インストールする方法と、WordPress公式サイトからダウンロードしてFTPソフトでアップロードする方法の、2種類があります。サーバーで簡単インストールする方法は、時間をかけずに簡単にインストールしたい場合にお勧めです。

WordPressで必ず使う「テーマ」とは、「表示セット」のようなもので、ブログでいう「スキン」や「テンプレート」のようなものです。

詳しくはこちらをご覧ください。

【基本】WordPressの「テーマ」って要するに何?
WordPressで「テーマ」といえば、サイトの外観を決める「スキン」のような性質もあり、独自の機能も併せ持つ、いわば「サイトの表示パッケージ」のようなものです。管理画面にてワンクリックで変更することができます。

WordPressにログインする

まず、WordPressの管理画面にログインします。

ログインは、「wp-login.php」か「wp-admin」いずれかのURLでアクセスします。

「/wp-login.php」はログイン画面へのアクセス

「/wp-admin/」は管理画面へのアクセス

いずれの場合にもログインして管理画面に行くことができます。一応、一つずつ見ていきましょう。

wp-login.phpでログイン

wp-login.phpへのアクセスは、例えば以下のようなURLになります。

例1)
https://サイトURL/wp-login.php

例2)
https://サイトURL/wp/wp-login.php
※この例は、wordpressをインストールしているディレクトリを「wp」という名称にしている場合。

wp-adminでログイン

wp-adminへのアクセスは、例えば以下のようなURLになります

例1)
https://サイトURL/wp-admin/

例2)
https://サイトURL/wp/wp-admin/
※この例は、wordpressをインストールしているディレクトリを「wp」という名称にしている場合。

ログインページでは、「ユーザー名(もしくはメールアドレス)」と「パスワード」を入力してログインボタンを押します。

すると、以下のように管理画面に切り替わりますので、これでログイン完了です。

「サイトのタイトル」「キャッチフレーズ」を付ける

サイトの名前と説明を入れましょう。

管理画面の「設定」を開き、「サイトのタイトル」「キャッチフレーズ」を入力します。

サイトのタイトル

サイトのタイトル」とは、文字通りサイトの名前のことです(HTMLでは<title>タグの部分)。

後から変えられますので、まだ決まっていなくても、あまり悩まずに適当な名前を入れておきましょう。

例として、当サイトのタイトルは「わかるWeb」です。

サイトのタイトルは簡潔な場合が多いですが、もし長い場合でも、最大文字数「32文字程度」と考えてください。

厳密な文字数ではありませんが、それ以上だと、サーチエンジンの検索結果で「...」と省略されることがあります。

ちなみに、「サイトのタイトル」欄に何も入れなくてもエラーにはなりませんが、<title>つまり「顔」がないのはサイト(ブログ)として未完成ですので、何かしら入れておきましょう。

キャッチフレーズ

キャッチフレーズ」とは、サイトの簡単な説明です。

WordPressサイトの「サイトのタイトル」の下などに短い説明文としてよく表示されますが、設定によっては表示させないこともできます

したがって「キャッチフレーズ」を入れることは必須ではありません。また、後から入力してもOKです。

最初から入っている「Just another WordPress site」という文字は、一応削除しておきましょう(意図せず「表示」の設定になっていると、そのまま表示されてしまいます)。

「サイトのタイトル」と「キャッチフレーズ」を入れたら、画面の下の「変更を保存」ボタンを押せば完了です。

「Hello world!」と「サンプルページ」を削除する

最初から、サンプルページとして「投稿」には「Hello world!」が、「固定ページ」には「サンプルページ」「プライバシーポリシー」が、それぞれ入っていると思います。

これらは、他の設定の関連でまぎらわしくなることがあるため、いったん削除しておきましょう。ページは、後から「新規作成」で作れます。

「Hello world!」を削除する

「Hello world!」を削除します。

投稿一覧で「Hello world!」にカーソルを乗せると「ゴミ箱」が表示されるので、クリックすると「ゴミ箱」に移動します。さらに「ゴミ箱」内で「完全に削除する」をクリックすると、完全に削除できます。

「サンプルページ」「プライバシーポリシー」を削除する

「サンプルページ」と「プライバシーポリシー」を削除します。

「固定ページ」の固定ページ一覧に入っている「サンプルページ」と「プライバシーポリシー」にチェックを入れて(「タイトル」の横にチェックを入れると一括選択できます)、「一括操作」で「ゴミ箱に移動」を選択して、「適用」をクリックします。

「コメント」を受け付けないようにする

一般に、ブログでは、記事に対する「閲覧者からのコメント」を受け付けるようになっていることが多いと思います。

WordPressも基本的にはブログツールなので、最初からコメント機能がついています。

しかし、これから作るのがアフィリエイトサイト、情報サイト、ビジネスサイトである場合、このコメント機能は使わない可能性が高いでしょう。

なぜならば、コメントはどんな人がどんなメッセージを残していくかわからず、サイトに関係ない内容、好ましくない内容、誹謗中傷が書かれてしまう可能性も、ゼロではないからです。

コメントを公開する前に「承認」を経る設定もできますが、投稿されたコメントを一つずつ処理するのは手間がかかり、そもそもそこまでしてコメントを受け付けるメリットがあるかどうかと言えば、一般的には疑問です。

ですから、ここではコメント機能を使用できないようにしておきます。将来使いたいと思ったら、その時に復活させればよいです。


「コメント」が来ないようにする設定は、簡単です。

「設定」から「ディスカッション」を選択して「ディスカッション一覧」画面に行きます。

「デフォルトの投稿設定」の中の「新しい投稿へのコメントを許可」にデフォルトで入って入っているチェックを外して、画面一番下の「変更を保存」をクリック。

これで完了です。

コメントを受け付けないことについては、こちらにも説明があります。

【基本】WordPressでコメントを受け付けない方法
WordPressサイトの投稿ページや固定ページのコンテンツの下には、コメント欄が表示される仕組みになっていますが、簡単な設定によってコメントは非表示にすることができます。

URLの命名ルールを設定する(パーマリンクを設定する)

ページのURLの命名ルールを、決めておきましょう。

ページのURLの命名とは、例えば以下のようなURLがあったとすると、

https://wakaru-web.com/sample/

この「sample」の部分の命名のことです。

ページのURLの命名には、「投稿した日時を付ける」「記事のIDを付ける」「記事のタイトルを引用する」「都度自分で考えた名前を付ける」など、いくつかのパターンがあります。

ここでは、「都度自分で考えた名前を付ける」ことにします。

 

ページのURLは、その単語で閲覧者がページの内容を想像できる方が望ましいため、自動的に生成されるURLではなく、「ページの内容を加味して自分で考えた単語」を使うのがよいからです。

https://wakaru-web.com/book/
この「book」の部分を考えます。

例えば、本についての内容が書かれたページの場合、「book」と命名することで、閲覧者に「本についての内容なのかな」と想像してもらいやすいというわけです。

 

このページのURLの末尾を、「パーマリンク」と呼びます。

以下の2つのパターンを見てください。

  1. https://ドメイン名/カテゴリ名/ページURL
  2. https://ドメイン名/ページURL

カテゴリーを含めたURLか、カテゴリーを入れないURLか、パーマリンクの設定ではこれらのルールを選択できます。

ここでは、 シンプルな方の「2.」の「カテゴリーを入れないURL」というルールにしてみましょう。


では、「パーマリンクの設定」をやってみましょう。

左メニュー「設定」→「パーマリンク設定」を選択します。

「共通設定」の「投稿名」にチェックを入れてください。

これで、ページURLの命名ルールが決まりました。

あとは、各記事の投稿画面でページURLを自由に設定することになります。

パーマリンクには、自動的には「記事タイトル」が入ります。

しかし、「日本語の記事タイトル」がそのまま引用されてしまうと、とても長い文字列になってしまうため、「英数字」のタイトルにしましょう

パーマリンクの注意点としては、「一度決めたパーマリンクのパターンは、原則的には変えないほうがよい」ということです。

パーマリンクが変わると、すなわちそのページのURLが変わってしまうため、サーチエンジンに表示されたページURLがリンク切れになってしまうからです。

パーマリンクの付け方に迷ったり、理解しづらいときには、こちらにご質問ください 。ご一緒に考えましょう。

また、パーマリンクについての詳細は、こちらにもあります。

【基本】WordPressのパーマリンクって何?
WordPressのパーマリンク(permalink)とは、URLの末尾の部分のことで、ブログやサイトの個々の投稿、カテゴリーなどの恒久的(半永久的)な URLです。WordPressをインストール後、速やかに設定することが望まれます。

プラグインを入れる

「プラグイン」とは、後から追加で付ける機能や部品のようなものです。多くの場合、無料で簡単に導入することができます。

ここでは、最初に入れておいた方がよいプラグインを紹介します。

どんなプラグインを入れるかは、本来サイトの内容や構造、方針によるのですが、今は「最低限あった方がよい」と思われるものを入れておきましょう。

Classic Editor

「Classic Editor」は、現在の「Gutenberg」という編集画面(エディター)からそれ以前の編集画面に戻すためのプラグインです。

なぜ前の編集画面に戻すかというと、「Gutenberg」が使いづらいからです。

もちろん、「使いづらい」というのは主観的な問題ですので、使ってみて違和感がなければ「Gutenberg」でも問題ありません。

ただ、これまでのWordPressユーザーの多くから「違和感がある」という声が多いので、当サイトでは「Classic Editor」をお勧めしています。


「プラグイン」→「新規追加」で「プラグインを追加」画面から「Classic Editor」と検索してインストールして有効化してください。

プラグインの設定はWordPressの「設定」→「投稿設定」で行います。

すべてのユーザーのデフォルトエディター」で「クラシックエディター」にチェック、「ユーザーにエディターの切り替えを許可します」で「はい」にチェックを入れてください(こうすることで、編集時にどちらのエディターを使うかを選択できます)。

画面一番下の「変更を保存」をクリックして完了です。

「投稿」画面の投稿一覧でも、エディターの切り替えを行うことができます。

TinyMCE Advanced

「TinyMCE Advanced」は、簡単に記事の装飾ができるようになるプラグインです。

「プラグイン」→「新規追加」で「プラグインを追加」画面から「TinyMCE Advanced」と検索してインストールして有効化してください。

検索画面で、TinyとMCEの間にスペースが空いていると表示されないので、スペースを空けないように注意してください。

「設定」→「TinyMCE Advanced」にいき、記事編集ページに追加する機能を選び「変更を保存」しましょう。

実際に記事編集ページにいくと、先ほどの機能が追加されています。

Contact Form 7

サイトには、何らかの「問合せ窓口」が必要になってきます。

メールアドレスをそのまま載せるという方法もありますが、ここでは、むやみにメールアドレスを公表しなくてもいいように「送信フォーム」を入れることにします。

特にシンプルに設定ができるプラグイン「Contact Form 7」を入れます。

「プラグイン」→「新規追加」で「プラグインを追加」画面から「Contact Form 7」と検索してインストールして有効化してください。

有効化すると、管理画面左メニューに「お問い合わせ」という項目が追加されているので、クリックします。

「お問い合わせ」画面に、最初から「コンタクトフォーム 1」というフォームができていますので、これを設定します。「コンタクトフォーム 1」をクリックします。

「コンタクトフォーム 1」をクリックすると、以下のような画面になります。

ここでは、入力項目を追加・編集できるのですが、まずは初期状態のままで作ってみましょう。

「コンタクトフォーム 1」という名称は、閲覧者に見えるものではないので、自分が管理上わかりやすい名称に変えてもOKです。

メール」タブをクリックすると、メールの設定画面に行きます。

初期状態では、このフォームから送信されたメールはWordPressをインストールした時に使用したメールアドレスに届きます

届け先のメールアドレスを変える場合には、「送信先」に受信したいメールアドレスを入力して、画面下の「保存」ボタンをクリックしてください。

これで最低限の設定は終わりなので、「コンタクトフォーム 1(もしくは変更した名称)」の下の青い帯の中のショートコードをコピーしてください。

このショートコードを、新しく作る「固定ページ」に貼り付けることになります。

「固定ページ」で新規にお問合せのページを作ります。

「固定ページ」→「新規作成」で編集画面が開くので、先にコピーしたショートコードを貼り付けます。

ページのタイトルには、このページのタイトルを入れます。

閲覧者に対してわかりやすい名称「お問い合わせ」「お問合せフォーム」などがよいでしょう。

そしてここで、前述の「パーマリンク」も入れます。

初期状態では、パーマリンクにはページのタイトル(「お問い合わせ」など)が入っている状態なので、英数字の言葉に書き換えます

言葉は自由ですが、「お問い合わせ」ページであれば、例えば「contact」「inquiry」「mail-form」などが、よく使われる表現です。

このパーマリンクが、ページのURLの末尾になります。例えば、以下のようになります。

https://ドメイン名/contact/

パーマリンクを入れたら、「公開」ボタンを押します。これだけで、以下のようにお問い合わせフォームが出来上がります。

画面の体裁は、使うテーマによって異なりますので、この画像はあくまでもサンプルとしてご覧ください。

そして、これは重要ですが、必ず自分が閲覧者になって実際にフォームから送信し、メールが届くことを確認してください

Websub/PubSubHubbub

プラグイン「Websub/PubSubHubbub」は、投稿した記事をいち早くサーチエンジンにインデックス登録してもらうためのプラグインです。

「プラグイン」→「新規追加」で「プラグインを追加」画面から「Websub/PubSubHubbub」と検索してインストールして有効化してください。

それだけでOKです。あとは何もする必要はありません

WordPress「初めの一歩」は終了です!


これで、WordPressの初めの一歩は完了です!

まずは、最初の投稿をしてみてください。

あとから削除も修正もできるので、遠慮なく楽しみながら、どんどんやってみてください!

WordPressがどういうツールなのかを、実感していくことが大事だと思います。

それと当時に、サイトであなたがやりたいことを考えてみると、機能も準備も、まだまだ足りないことがいっぱいあるはずです。

例えば・・・

  • ページが増えてきたら、カテゴリーに入れていくの?どうやって分類したらいいの?
  • メニューを作るにはどうしたらいいの?
  • サイトのセキュリティ対策をしたいけど、どうしたらいいの?
  • 閲覧者が見るサイトマップのページが欲しくなったら、どうすればいいの?
  • 記事に「目次」を付けたいのだけど、どうしたらいいの?
  • etc.

その都度、ケースバイケースで機能を追加していくことになります。

あなたが、足りないことで悩んだり、疑問が出たら、お問い合わせください。ご一緒に解決しましょう。

 

サイト作りの困りごと、すぐに聞ける窓口が欲しい

あなたに、こんな悩みがあるでしょうか。

  • サイト作り、始めてみたけどなかなか進まない。
  • 進めば進むほど、疑問が出てきてしまう。
  • ネットや書籍で調べてみるけど、自分が欲しい答えが見つからない。
  • もっと身近で、すぐに聞ける窓口が欲しい!

そんなあなたのために、「わかるWeb」では、いつでも聞ける窓口「わかるサポート」をご用意しています。

「わかるサポート」は、あなたとチャットやメール、通話で、サイト作りをサポートする、初級者向けのサービスです。

サービスといっても、無料で行っています。

このサポートを行う目的は、第一に皆様のお困りごとの解決です。

第二に、初級者の方がどういうお困りごとを持っているのかの情報を集めて、「わかるWeb」サイトのコンテンツに活かしていくためです。

「わかるサポート」は、例えばこんな人のお役に立ちます。

  • 自力でWordPressサイトを作っているが、初心者なのでなかなか進まない。
  • アフィリエイトをしているけど、サイト作りでに手間取ってコンテンツ投入が進まない。
  • インターネットや書籍で答を探しても、自分が知りたいことが見つからない
  • 専門用語を使わずに、わかりやすく教えてほしい
  • 公式サイトやコーポレートサイトを作りたいけど、どうすればいいの?
  • メニューってどう考えればいいの?
  • ページタイトルって、SEOと関係あるの?
  • メルマガを始めるのって、難しいの?

ご興味のある方は、こちらから案内ページを覗いてみてください。

タイトルとURLをコピーしました