初級者~中級者向け

【困惑】「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」出たまま

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約5分で読めます。

「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」がずっと出る

WordPressの本体やプラグイン、テーマのバージョンアップ中に、間違ってブラウザを閉じてしまったり、別のページを開いたりして待った時、WordPressがメンテナンス中の状態のままになってしまうことがあります

このような時に、Webサイトを開くと以下のようなメッセージが表示されます。

現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません
あるいは
Briefly unavailable for scheduled maintenance. Check back in a minute.

環境によって日本語だったり英語の場合もありますが、このメッセージが表示されてしまって、何もできなくなってしまうのです。

WordPressの管理画面(ダッシュボード)にも、ログインできません。

初めてこの状態に遭遇した時は、焦ってしまうかもしれません。しかし、適切な対処法を知っていれば簡単に修正できます

ここでは、メンテナンスモードのまま解除できなくなった時の解決策について紹介します。

WordPressのメンテナンスモードとは何か

WordPressには、本体やプラグイン、テーマのアップデート機能が備わっています。

これらを更新するときに、一時的に「.maintenance」というファイルがWordPressのインストールフォルダに自動的に作成されます

このファイルが存在する時、WordPressは「メンテナンスモード」になります。

アップデートが正常に完了すれば、自動的に「.maintenance」ファイルが削除され、それと同時にメンテナスモードも解除されるようになってます。

しかし、アップデートが正常に終了しなかった場合、「.maintenance」ファイルが削除されずに、そのまま残ってしまう事があります。

例えば、以下のような場合です。

  • アップデート中にネット回線が切れる
  • アップデート中に管理画面のページを閉じる
  • アップデート中に別のページに移動する
  • アップデート中にサーバーがダウンする

このようにアップデートが異常終了すると「.maintenance」ファイルが削除されません。

つまり、メンテナンスモードが解除されなくなってしまうのです。

この問題を解決するためには、WordPressのインストールディレクトリに存在する「.maintenance」ファイルを削除するだけでOKです。これからその方法を紹介します。

サーバーから「.maintenance」ファイルを削除する方法

サーバーから「.maintenance」ファイルを削除するためには、FTPソフト(FFFTPなど)を使ってWordPressがインストールされているサーバーにログインする必要があります。

FTPソフトは、サーバーにログインできるものなら何でも良いのですが、ここではWinSCPというソフト使って操作することにします。

【参考】WinSCP

FTPクライアントでサーバーにログインしたら、WordPressのインストールフォルダに移動します。

ファイルの一覧から「.maintenance」ファイルを削除します。これでWordPressのメンテナンスモードが解除されます。

ブラウザでWebサイトを開いて、正常に表示されているかどうか確認しましょう。

FTPって何だっけ?という方はこちらをご覧ください。

【基本】FTPって何のこと?

WordPressをメンテナンスモードにする「WP Maintenance Mode」プラグイン

WordPressのメンテナンスモードを解除する方法を紹介しましたが、今度は逆にWordPressを強制的にメンテナンスモードにできる方法もあります。

WP Maintenance Mode」プラグインを使う方法です。

すでに運用中のWordPressをメンテナンスしたい場合に、このプラグインを使ってメンテナンス中に設定しておけば、訪問者からはメンテナンス中と表示された状態で、WordPressのカスタマイズができるのです。

「WP Maintenance Mode」プラグインは、WordPressの管理画面からインストールできます。

プラグインをインストールしたら有効化しましょう。

有効化するだけではWordPressはメンテナンスモードにならないので、安心してください。

管理画面のメニュー「プラグイン」から「WP Maintenance Mode」をクリックします。

プラグインの設定画面が表示されます。

「状態」のラジオボタン「有効化」にチェックを入れると、WordPressがメンテナンスモードになります

設定が完了したら「設定を保存」ボタンをクリックしましょう。

このプラグインを使ったデフォルトのメンテナンス画面は、このような感じになります。

デフォルトのメンテナンス画面で表示されている文言は、プラグインの「デザイン」設定で変更可能です。

ここは、デフォルトのままでも特に問題はないと思いますが、メッセージをカスタマイズしたい場合は「テキスト」の設定を変更すれば、メンテナンス画面のメッセージを変更できます。

「WP Maintenance Mode」プラグインを使ってWordPressをメンテナンス中にした場合、訪問者からはメンテナンス中の画面が表示されますが、管理者でログインしている状態では、いつも通りに管理画面にログインでき、通常のWebサイトが表示されます。

 

まとめ

  • WordPressは、システムをアップデート中にメンテナンスモードになる。
  • 「現在メンテナンス中のため、しばらくの間ご利用いただけません」のメッセージは、「.maintenance」ファイルを削除すれば消える。
  • 「WP Maintenance Mode」プラグインを使うと、故意にWordPressをメンテナンス中にできる。
LINEで送る
Pocket