今いる世界は夢か現実か?

当記事は「わかるWeb」メールマガジンの過去記事です。最新のメールマガジンの受信はこちらで登録ください!

LINEで送る
Pocket

この記事は約9分で読めます。

あなたは
夢の中で
夢を自覚することは
あるでしょうか?

「これは夢だ」
「今、夢を見ているんだ」
と認識することです。

それが夢だと
自覚しながら見ている夢、
これは「明晰夢」と呼ばれ
脳内で前頭葉が
半覚醒状態のときに
起こると考えられています。

「半覚醒状態」とは
眠っていると同時に
一部目覚めている状態ということでしょう。

通常の夢は
それが夢なのか現実なのか
定かではなく
意識すらしないまま見ていることも多いと思います。

「明晰夢」を見る可能性は
誰にでもあるといわれていますが
いつ見るのか
どうやったら確実に見れるのかは
定かではありません。

しかし、
「明晰夢」の経験者の中には
それを見ているときには
夢を思い通りに制御できる
という人もいるようです。

 

ところで、
もし今いるのが
夢なのか現実なのか
区別がつかなくなったとしたら
恐ろしいことです。

1999年に公開された
映画「マトリックス」。

そこでは、
人が、「覚めることのない夢」に囚われて、コンピューターに生涯管理されている、という恐ろしい世界が描かれています。

マトリックスの世界に入る前に・・・
WordPress(ワードプレス)のお話を一つ。

すぐにマトリックスに入る人は、ここまで飛ばしてください (^-^)/

-------------------------------

「プラグインって、いくつぐらい入れたらいいの?」

WordPressを使い始めると、
まず例外なく
何らかのプラグインを導入すると思います。

プラグインは
WordPressにない機能を簡単に加えることができて、とても便利なツールです。

例えば、

文字装飾を便利にするプラグイン
自動で目次を作るプラグイン
問合せフォームを作るプラグイン
バックアップをとるプラグイン

などなど、
実に様々なプラグインがあります。

普通なら、
高額な費用を払ってプログラマに作ってもらうような機能を、多くの場合無料で導入することができてしまいます。

同時に、便利なだけに
あれもしたいこれもしたいと、
ついついたくさん入れてしまうこともあるでしょう。

しかし、
プラグインを
あまりたくさん入れ過ぎると、
動作が遅くなったり
思いもよらない不具合が発生する可能性もあるので、注意が必要です。

では、
いくつぐらいまでが妥当かと言えば、サイトの内容や仕様によって様々かと思いますが、8~10個ぐらいまでが理想と言われています。

とはいえ、僕の場合も
入れ過ぎのサイトが多いです (^-^:)

入れ過ぎだと思う場合、
すぐできる調整としては
いったん入れたプラグインでも
使わなかったり
一度使って用済みのものは
停止して削除するのが良いでしょう。

必要になったときに
また入れればよいのですから。

詳しくはこちらをご覧ください。

【管理】何でプラグインの入れ過ぎに注意するの?いくつぐらいがいいの?

-------------------------------

今いるのが
夢なのか現実なのかわからない。
これは、恐ろしいことです。

この恐ろしさの源は、
「人の感覚とは
あいまいで不確実なものだ」
と感じることから
きているように思えます。

「自分の意識は
果たして確かなのか?」
という疑問につながります。

しかし
自分が確かなのかどうかを
はかるものが
自分の中にあるでしょうか?

 

例えば
認知症の人は
短期記憶が弱くなると
ついさっき話したこと
体験した事を
忘れてしまいます。

一度話したこと
体験したことを
まるで初めてのことのように
繰り返したり
行なおうとすることがあります。

周りから見ると
常軌を逸した行動かもしれませんが、

本人にとっては
(毎回)初めて行なうことで
ごく普通の行動なのでしょう。

 

認知症でなくても
思い込みや、
少々の妄想ぐらいの性質は、
おそらく誰もが持っていると思います。

例えば
考え事をしていて
周囲に注意がいかずに
車にぶつかりそうになった。

このとき、
周囲の音や情報は遮断されて
自分だけの世界にいたことでしょう。

あるいは
自分の思い込みで
集合場所を間違えて
一人で別なところに行ってしまった。

単なる不注意と言えば
それまでですが、
思い込みで思考を進めていた。
そしてそのまま気づかずに
実際に間違った場所まで行ってしまった。

などなど。

自分の内的な感覚だけで
意識を作ったり
行動をとることは、よくあると思います。

自分が現実の世界を
そのまま見ているのか
あるいは、
自分の思い込みの中にいるのか。

それらを常に明確にすることは
人にとっては
意外と困難なことなのかもしれません。

 

大正生まれの小説家
夢野久作の「ドグラ・マグラ」
という小説があります。

構想・執筆に
10年以上の歳月をかけて完成したと言われる小説で、日本探偵小説の「三大奇書」に数えられているそうです。

精神病科の独房に閉じ込められた
青年の患者の物語(らしい)です。
※らしいというは、
物語を読んでいると、
それすらも事実としてとらえてよいものかどうか、自信がなくなるのです。

主人公の幻想や
意識の移り変わりを読んでいると、

果たして
彼が正常なのか異常なのか
どこまでが現実の場面だったのか、
彼の思い込みの場面だったのか
次第に
区別がつかなくなってくるような錯覚に陥ります(;^_^

読んでいる自分の感覚も
怪しくなってきます。

ちょっと過激な部分もあり
複雑で奇抜な構成ですが
とてつもないインパクトがある小説です。

夢と現実の
境目がなくなるような
小説の例でした。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

横尾賢哉さん(@xianzaihengwei)がシェアした投稿 -

 

さて
映画「マトリックス」では、

未来世界で
人間に反乱を起こした
コンピューターが、
人間をカプセルの中で管理するという
異常な世界が展開します。

この映画は、
ご存知の方も多いでしょう。

カプセルの中で眠った人間は
生存に必要な酸素や養分を送り込まれて、後頭部にプラグを付けられ、

意識を
「仮想現実(マトリックス)」につながれます。

マトリックスにつながれて
人間は
あたかも普通に生活しているかのような世界を体験するのですが、

これは全て
コンピューターが作った
プログラムの世界なのです。

そして
実際の人間の体は、
眠った状態のままカプセルの中でその生涯を終えます。

誰ひとり
それがプログラムによって作られた
「夢の中」であることに
気づきません。

その中で、
「ネオ」と呼ばれる青年が
彼を探していた者の協力によって
マトリックスから目覚めます。

彼は、
コンピューターによって作られた
超人的な力を持つ番人(エージェント)たちと戦いながら、
わずかに生き延びて
地下深くに住む人間や
マトリックスに閉じ込められた人間の開放のために戦う、という物語です。

 

衝撃的な内容と
スタイリッシュで斬新な映像。

精神世界の謎解きと
激しいガンアクション
さらに、カンフーアクションまでが融合した、それまでに全くなかった革新的な映画です。

「マトリックス」が大ヒットした後、いくつもの映画やドラマがそのスタイルを真似するほど、大きな影響を与えました。

また観たくなった人は
是非観てください (^-^)

 

斬新な映像世界も
すばらしいですが、
この映画の重要なメッセージは
もっと他にもあるように思えます。

やがて人間を救うことになる
「救世主」と呼ばれる
主人公・アンダーソンは、

実はもともと
救世主でもなんでもない
どこにでもいる青年だったのです。

 

彼は、
ごく平凡な会社勤めの
プログラマーでした。

同時に、
通称「ネオ」という
違法な天才ハッカーとしての
裏の顔も持つ男でした。

アンダーソンはあるとき、
モーフィアスと名乗る謎の男から、
「この世界は、コンピューターによって作られた仮想現実だ」と告げられます。

そして、このまま
仮想現実の中で生きるか、
真実を知って目覚めるか
どちらをとるか
という選択に迫られます。

モーフィアスの言葉に対して
「何ら確信がないまま」
アンダーソンは
真実を知る道を「選択」します。

ここは
自分の意思だけで選択した、
とは言い切れないような展開です。

アンダーソンは
生命維持装置やプラグをはずされ、
現実の世界に目覚めます。

現実に目覚めた彼は
マトリックスの番人である
エージェントと呼ばれる
超人的な男たち(プログラム)と戦うための訓練を受けます。

訓練といっても
生身の体を使うのではなく、
マトリックスに「接続」して
自分の神経能力だけで戦うために、
仮想現実の中で
戦闘訓練やジャンプトレーニングなどをするのです。

 

その間、アンダーソンは
モーフィアスが
自分を「救世主」と信じていることに対して、どこか受け止めきれないような感情を抱くように見えます。

自分は本当に
「救世主」なのだろうか。
なぜそう言い切れるのだ?

なぜモーフィアスは、
狂信的なまでにそう信じているのか。

その答えは
最後まで明確には出ません。

しかし、戦うに従って
アンダーソン(ネオ)は
自分が「選択」をする状況になってきます。

モーフィアスは、
アンダーソンを目覚めさせる前に、彼に言いました。

 

君は、君の心の囚人だ
(You are the prison of your mind.)

 

謎めいた言葉ですが
囚われの身になるのも
自由の身になるのも
自分の心が決めることだ。
自分の心が現実を作り出すのだ。

そういう意味でしょう。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

166cmさん(@ibbcm)がシェアした投稿 -

 

やがてモーフィアスは、
エージェントに追い詰められたとき、
自分を犠牲にしてネオを救い、
エージェントに捕まってしまいます。

そのことを受けて、
ネオは、
自分がエージェントからモーフィアスを救うことを、「選択」します。

自分は何者なのか
自分に何ができるのか
(どう行動するのか)
彼は決めるのです。

 

この映画は
様々な点で現代社会の姿を
映し出していると思います。

張り巡らされた
「社会」というシステム。

そのルールの中で従って生きていることは、ある意味「社会」の奴隷でもある。

「社会」というシステムから外れて(プラグをはずして)、自由になることもできるが、それには危険も責任も伴う。

そして自由であるなら、
自分で「選択」して
「自分にとっての現実」を
作っていかなければならない。

この映画は
そう言っているように思えます。

 

モーフィアスにとっても
ネオにとっても
結局のところ
何ら「信じる根拠」は
なかったように見えます。

「根拠」など
最初からどこにもなかったのです。

ネオが、最終的に
「救世主」になったのだとしたら
それは、彼が特別な存在だったからでなく、彼が「選択」したからなのです。

 

我々も
何かが成功するか失敗するか
自分がどうするべきか、

それを見極めるための
決定的な「根拠」など
結局はないのかもしれません。

ましてや、
周囲の誰かが評価を下したり、
「根拠」を与えるものでもありません。

 

「選択」してそれを「信じる」
これができるのは、自分だけなのです。

 

 

LINEで送る
Pocket