初級者向け

【基本】プロバイダとレンタルサーバーって、どう違うの?

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約5分で読めます。

プロバイダとレンタルサーバーって何が違うの?

プロバイダとは「インターネットへの接続をサービスしている会社」で、レンタルサーバーは「Webサイトを公開するためのサーバーを貸し出しするサービス(会社)」です。

一部のプロバイダには、レンタルサーバーのようにWebサイト公開用の領域を提供している場合があります。しかしそれは、プロバイダ会社が提供しているサービスのオプションという位置づけになります。

プロバイダは、レンタルサーバー会社が提供しているような、高度な機能が使えるところは少なく、本格的なWebサイトやブログを構築する際には、別途レンタルサーバーの契約が必要になります。

もう少し詳しく、プロバイダとレンタルサーバーについて見ていきましょう。

プロバイダって何?

自宅にあるパソコンをインターネットに接続するためのサービスがプロバイダです。正確には「インターネットサービスプロバイダ(ISP)」といいます。

最近では、無線で接続する形態も普及しつつありますが、一般的には物理的に有線で接続することが多いです。特に現在普及しているのは光回線です。

プロバイダを使ってインターネットに接続するイメージは、以下のようなものになります。

自宅にあるパソコンとインターネットの間にあるのが、プロバイダです。場合によっては「インターネットに接続するための回線を提供する業者」を回線業者とよび、「インターネット接続業者(プロバイダ)」とは区別することがあります。

プロバイダと契約するということは、自宅にあるパソコンとインターネットをつなぐための道路を利用するイメージです。

プロバイダによっては、スマートフォンの契約とセットにすると料金がお得になる場合もあります。また定期的にキャンペーンを行っているところもあり、プロバイダを選択するときには、様々な要素を考慮することで、コストパフォーマンスの良いプロバイダと契約できます。

また、オプションで提供しているサービスにも様々なものがあります。プロバイダで提供しているサービスの一例を紹介します。

プロバイダが提供しているサービス

プロバイダが提供しているサービスは、インターネットへの接続だけではありません。他にも以下のようなサービスを提供しているところがあります。

  • メールアドレスの提供
  • Webサイトやブログなどの開設サービス
  • 迷惑メール対策やウィルススキャンサービス
  • IP電話やケーブルテレビ
  • ビデオオンデマンドなどのサービス

これらのサービスは、オプションとして無償、あるいは有償で提供されています。

プロバイダを選択するときには、「料金」「回線速度」「対応している地域」の3つが重要ですが、これらのオプションのサービスの充実度も考慮したい要素です。

レンタルサーバーって何?

レンタルサーバーとは、Webサイトやブログを公開するためサーバー領域を提供しているサービスのことです。

Webサイトやブログのデータを置いてある、土地のようなイメージです。つまりプロバイダのように自宅のパソコンをインターネットに接続するサービスとは全く異なっています。

レンタルサーバーは、一般的にはWebサーバーとメールサーバーのサービスを提供していますが、Webサーバーの詳細はこちらをご覧ください。

【基本】Webサーバーって何?

また、レンタルサーバーとは切っても切れない関係にあるサービスがドメインです。

ドメインとは、Webサイトのインターネット上の住所です。ブラウザのアドレスバーに表示されている「XXXX.com」や「YYYY.net」のような文字列がドメインです。

ドメインについて、またサーバーとドメインの関係については、こちらをご覧ください。

【基本】ドメインって何?

【基本】サーバーとドメインの関係って、どうなっているの?

基本的には、レンタルサーバーを契約してWebサイトやブログを構築するときは、ドメインも契約することになります。

レンタルサーバーも、オプションで様々なサービスを提供しています。

レンタルサーバーが提供しているサービス

レンタルサーバーの会社によって提供しているサービスは異なってきますが、一般的なものをいくつか紹介します。

  • FTP
  • CMS簡単インストール機能
  • データベース
  • PHP
  • Webアプリケーションファイヤウォール
  • メール
  • ドメイン
  • 独自SSL

レンタルサーバーの代表的なサービスはこれくらいでしょうか。

さきほど、ドメインはレンタルサーバーとは切っても切れない関係と紹介しましたが、レンタルサーバー会社がドメインの取得をやってくれることがあります。

新しく取得したドメインとレンタルサーバーを関連付けする仕組みを、DNS(Domain Name System)というのですが、これを利用すると、取得したドメインでWebサイトが公開できるだけでなく、メールアドレスにも取得したドメインを使うことができます。

例えば、XXXX.comというドメインだった場合には、info@XXXX.com などのメールを使うことができます(infoは例です)。

またドメインと関連したサービスに、SSLがあります。これはWebサイトのあるサーバーと閲覧者との間のデータのやり取りを暗号化したり、サーバーの所有者を認証したりする機能です。

有料・無料のものがありますが、最近は無料でできるサーバーも普及しています。

 

まとめ

  • プロバイダは、パソコンをインターネットに接続するために契約する会社(組織)。
  • レンタルサーバーは、Webサイトやブログを公開するためのサーバーを提供しているサービス。
  • プロバイダやレンタルサーバーには、それぞれオプションで様々なサービスを提供している。
LINEで送る
Pocket