中級者向け 知識

【知識】WordPressのテーマのディレクトリ名を変える方法教えて!

WordPressの知識
この記事は約6分で読めます。

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

WordPressのディレクトリ名を変えるメリット・デメリット

WordPressの既存のテーマをもとにWebサイトを作成する場合、比較的簡単にテーマのディレクトリ名(テーマ名)を変えることができます

「何のテーマを使っているかを知られたくない」「カスタマイズ前のテーマ名を見せたくない」などと思うこともあるかもしれません。

ここでは、テーマのディレクトリ名を変える方法を紹介しますが、まずそのメリットとデメリットをよくご覧ください。

テーマ名を変えるメリット

  • ソースを見られた際に、既存のテーマを使っていることがわかりにくくなる。
    また、サイト構造などの詳細をわかりづらくすることができる。
  • カスタマイズした後に、もともと何のテーマだったかを知られずに済む。
  • カスタマイズした状態を、元のテーマのアップデートで上書きしてしまう事を防げる。
  • 複数のWebサイトにて、同じ既存テーマにそれぞれ違うカスタマイズをしたい場合、それぞれに固有の名称で運用できる(もちろん、名前を変えなくてもカスタマイズはできます)。

テーマ名を変えるデメリット

テーマ名を変更すると、テーマのアップデートが適用されない。
(改良版を受け取ることができない)

既存テーマのテーマ名を変えると、そのテーマのアップデートが適用されません。

テーマのアップデートが適用されないということは、アップデートに含まれるであろうテーマのセキュリティや機能の向上を受け取れないということです。

これは、特にセキュリティ面では大きな意味を持つでしょう。

ですので、テーマのディレクトリ名の変更は、よくご検討のうえ実施してください。

 

子テーマやオリジナルテーマ(自作テーマ)の名称を変える

子テーマのディレクトリ名を変えることも、同じように可能です。

子テーマの名称を変える場合、親テーマのアップデートは適用されますので、アップデートが受け取れないというデメリットはなくなります。

しかし、「テーマ名を知られたくない」という目的でテーマ名を変更するのなら、子テーマの名称変更では無意味です。

何故なら、ソースには新たなテーマ名とともに、親テーマの名称も出てしまうからです。

また、最初から自分で作るオリジナルテーマ(自作テーマ)については、自分でアップデートや改良をするしかないので、当然ながらアップデートの恩恵を受ける・受けないの問題は存在しません。

ですから、当ページでは、オリジナルテーマではなく既存のテーマ名の変更を対象として説明を進めます。

WordPressのディレクトリ名を変える手順

さて、WordPressのディレクトリ名を変更するために修正する箇所は、2カ所です。

修正作業は、ファイルマネージャーなどでサーバーにあるファイルを直接編集する方法もありますが、ここではファイルをローカル(パソコン上など)にダウンロードして行う手順で解説します。

当サイトでは、できるだけローカルにファイルをダウンロードしてから編集し、再度アップロードする方が安全であるという立場をとっているためです。

当ページでは、テーマ「Twenty Nineteen」を利用するという前提で、「twentynineteen」というディレクトリ名を、例として「newthemename」というディレクトリ名に変える手順を説明します。

ディレクトリ名は任意です、実際に行う場合にはお好みのディレクトリ名に変更してください。

ちなみに、ローカルでのファイルの編集については、詳しくはこちらのページをご覧ください

【危険】テーマファイル(ソース)の編集はローカルファイルで行なう!
WordPressのテーマファイルの編集は管理画面で編集するのではなく、オフラインにてテキストエディタで編集して、FTPでアップロードしましょう。管理画面の直接編集でミスしたまま「ファイルを更新」すると、元に戻らない危険を孕んでいます。

変更したいテーマをダウンロードする

まず、変更したいテーマをローカル(パソコン上)にダウンロードします(まだ、サーバーへテーマをアップロードしていない場合には必要ありません)。

FTPソフトで、WordPressのディレクトリへアクセスします。

テーマファイルは、下記ディレクトリにあるので、変更したいテーマを選び、ディレクトリごとローカルへダウンロードしてください。

/WordPressをインストールしたディレクトリ/wp-content/hemes

ここでは、「twentynineteen」というフォルダを選びます。

下記画像では、WinSCPというソフトでのダウンロード方法です、他のFTPソフトでも同様の、同様の動作でダウンロードできます。

ダウンロードしたディレクトリ名を変更する

ダウンロードしたディレクトリ名を、ローカルで変更します。

ダウンロードしたディレクトリを右クリックし、メニューの名前を変更を選び、名前を変更します。

ここでは、「newthemename」と変更します。

style.cssを変更する

ディレクトリ名を変更しただけでは、名前の変更は完了しません。

具体的には「style.css」というファイルのテーマ名も、ディレクトリ名に合わせて変更する必要があります。

WordPressのテーマフォルダには必ずstyle.cssというファイルがあり、テーマの情報が記載されています。

この中の「Theme Name」という箇所を、変更したいテーマ名に変更します。

【変更前のstyle.css】

@charset "UTF-8";
/*
Theme Name: Twenty Nineteen ←ここを変更する
Theme URI: https://wordpress.org/themes/twentynineteen/

【変更後のstyle.css】

@charset "UTF-8";
/*
Theme Name: New Theme Name
Theme URI: https://wordpress.org/themes/twentynineteen/

変更したディレクトリとファイルをアップロード

上記のように、ディレクトリとstyle.cssを変更したら、FTPソフトでアップロードします。

アップロードする先は、先ほどダウンロードした /wp-content/themes です。

アップロードをしたら、WordPress管理画面で確認してください。

ダッシュボードのメニューで「外観」を選び、「テーマ」を開きます。

今回新しく変更したテーマが表示されているのが、確認できます。

その際、コピーの元となったディレクトリを消せば元のテーマも消えますが、残しておいても問題はありません。

ディレクトリ名を変更する場合の注意事項

WordPressのテーマのディレクトリ名は、上記のような手順で変更ですが、稀にテーマによってはうまく動かなくなる場合があります

テーマが扱うボタンの画像やリンクなどのURLに、旧ディレクトリ名が書かれている場合です。

この場合、PHPファイルやCSSなどを修正する必要があります。

例えば、下記のように、ボタンがimgタグでできていて画像ファイルの場所情報に、ディレクトリ名を含む場合があります。

このような記述があるテーマの場合には、それらすべての記述を修正する必要があるので注意が必要です。

 

まとめ

  • WordPressの既存テーマのディレクトリ名を変更するには、ディレクトリ名の変更とstyle.cssというファイルの編集が必要。
  • テーマによっては、編集カ所が上記の2カ所だけではない場合がある。
  • 既存テーマのディレクトリ名を変更すると、テーマのアップデートが適用されなくなるので、十分な検討の上での実施をお勧めします。
タイトルとURLをコピーしました