初級者向け 困惑

【困惑】WordPressで記事が「非公開」なのに見えているのはなぜ?

WordPressの知識
この記事は約5分で読めます。

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

記事を「非公開」にしたのに見えてしまう

WordPressで、記事を「非公開」にしたのに見えてしまうのは何故なのか?

結論から言いますと、WordPressへログインしていると見えているだけで、他者からは見えていません

WordPressでは、記事ごとに「公開」と「非公開」を切り替えることができます。

ところが、管理画面で非公開にしたはずの記事を実際に見てみると、記事は表示されています。

これは、記事を非公開にした状態で内容を変更したときに、確認のために記事が見れるようになっているのです。

実際には、ログインをしていない(できない)他者からは、その記事は見えないようになっています。

ここでは、記事の公開と非公開を切り替える方法、また、非公開かどうかを確認する方法を紹介します。

ここでは、WordPress標準装備の「Gutenberg(グーテンベルク)エディター」での説明になりますが、基本的な仕様は旧エディターも共通しているので、「変更」や「更新」ボタンの押下などの違いがあったとしても、基本的な操作としては参考になるはずです。

記事を非公開にする方法

まず、記事を非公開にする方法を説明します。

公開の切り替えは、下記のようにして投稿も固定ページも同じように行えます。

  1. 非公開にしたい投稿か固定ページを選ぶ
  2. 編集画面の右側にある、公開状態の「公開」をクリック
  3. 「公開」「非公開」「パスワード保護」から「非公開」を選択
  4. 「今すぐ非公開で投稿しますか ?」のダイアログが出たら「OK」をクリック

上記の動作で、指定した記事が非公開となるように設定することができました。

もし、非公開にした記事を、もう一度公開したい場合は、ここで「公開」を選びます。

複数の記事を一括で非公開にする方法

複数の記事の公開と非公開を切り替えることも、できます。

その場合、下記のようにします。

  1. 非公開にしたい投稿やページの左のチェックボックスをONにする
  2. 一括操作と表示されているプルダウンをクリックし、「編集」を選ぶ
  3. 右の適用ボタンをクリック
  4. 一括編集ダイアログから、ステータスを選び「非公開」を選ぶ
  5. 「更新」をクリック

上記操作で、チェックをつけた記事がすべて非公開になります。

ちなみに、一覧の上にある「タイトル」という文字の横のチェックをつけると、全ての投稿やページのチェックを付けることができます。

予約投稿により一定期間まで記事を非公開にする方法

WordPressでは、公開日時を未来の日付に設定することで、予約投稿をすることができます。

この場合にも、管理者には記事が見えますが、一般のユーザーには見えていません。

予約投稿は下記のように行います。

  1. 予約投稿したい記事をクリック
  2. 編集画面右側にある、公開日時をクリック
  3. 日付を選択するダイアログが表示されるので、未来の日付を選択
  4. 「更新」をクリック

この操作により、指定した日時から記事が一般ユーザーにも見れるようになります。

予約投稿の詳細については、こちらをご覧ください。

【基本】WordPressで記事の予約投稿をしたい
WordPressで記事の予約投稿をすれば、指定した日時での投稿ができます。WordPressでは、デフォルトで予約投稿機能が備わっています。予約投稿の基本的な効果は「投稿する記事を、今すぐではなく後から公開できる」ということでしょう。

非公開であることを確認する

WordPressの管理画面で上記のように記事を非公開に設定すると、一般のユーザーからは見えなくなります。

しかし、管理者は一見、公開しているのか非公開なのかがわかりづらくなってしまいます。

そのため、管理者がログインをしている状態で非公開のページのURLへアクセスすると、タイトルが「非公開:」と表示されています。

他の人が見たら、同じように見えていると思ってしまうかもしれません。

しかし、冒頭で説明したように、ログインしていない人が同じURLにアクセスしても見えないようになっています。

非公開の記事は、編集中の記事を確認できるように、管理者だけは見えるようになっています。

他の人にどう見えているかを、どうしても確認したい場合、WordPressからログアウトをして確認してください。

WordPressからログアウトをすると、他人としてWebサイトを見ることができます。

WordPressへログインしたまま非公開であることを確認する

他人からどのように見えているかを確認するには、ログアウトが必要です。

しかし、(ログインしていない)別のブラウザでサイトを見ることができれば、いちいちログアウトせずに確認することができます。

例えば、Google Chromeでログインしていた場合、FirefoxやSafariなど別のブラウザでWebサイトを見れば、他人と同様に見ることができます。

または、スマートフォンなどの別のデバイスなどで(ログインせずに)確認しても、同じように他人として見ることができます。

複数のブラウザやデバイス(機器)で確認できると、ログインとログアウトを何度も繰り返す必要はありません。

また、複数のブラウザでの確認は、想定外の表示のズレなどにも気づけるため、お勧めです。

記事に表示されている編集リンクも管理ユーザーにのみ見えています

公開と非公開の設定をはじめ、WordPressにはログイン中の管理ユーザーだけに見えている情報があります。

記事の後に表示されている「編集」というリンクは、管理ユーザーだけに見えています。

リンクをクリックすると、記事の編集ページへ直接ジャンプします。

 

まとめ

  • 記事を「非公開」にしても、ログインユーザーは記事を見ることができる。
  • 他人からどう見えているか知りたい場合には、ログアウトしてサイトを確認する。
  • ログインしたまま、他人からどう見えているか知りたい場合には、ログインしていない別のブラウザでサイトを見るとよい。
タイトルとURLをコピーしました