初級者~中級者向け

【基本】WordPressにお問合せフォームを設置できるプラグイン

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約6分で読めます。

WordPressでお問合せフォームを設置する

Webサイトにお問合せフォームがあれば、訪問してくれ、興味を持ってくれたユーザーからの反応を受け付ける窓口になります。

ビジネスでWordPressを利用するならば必ず設置しておきたいところですが、WordPressにはお問合せフォームがデフォルトで設置されていないため、新たに追加する必要があります。

コードを打ち込んで一から作成することもできますが、プラグインを使えば面倒なことをしなくても簡単にお問合せフォームを設置することが可能です。

お問合せフォームのポイント

お問合せフォームの重要ポイントを考えると、問合せ内容のくみ上げやすさメッセージの送信のしやすさ、などではないでしょうか。

お問合せフォームへのリンクはWebサイト内の目に付きやすい場所に設置し、どのページからでもお問合せフォームへ移動できるようにする、などの工夫が重要です。

サイトを利用する目的によって、ユーザーが問合せたい内容は異なります。プラグインの初期設定をそのまま使っても、サイトによっては内容に添わない、又は質問内容が十分ではない可能性がありますので、その場合にはカスタマイズが必要になります。

テレビの時代とは違い、今は双方向のコミュニケーションが、集客するさいに重要な要件になっているでしょう。一方的に情報を発信するだけではなく、発信した情報に対するユーザーの反応を回収できるかどうかが重要です。

お問合せフォームは、内容も操作性も、ユーザーが気軽に利用できるものでありたいです。

お問合せフォームを設置できるプラグイン

Jetpack by WordPress.com

Jetpackは、WordPress公式プラグインであり、デザイン、マーケティング、セキュリティの全てを一括で管理することができるプラグインです。どうしてもGoogle Analyticsを使いたいなど、競合するプラグインを入れる予定がないのなら、有用なプラグインです。

Jetpackのインストールが完了すると、投稿画面に「お問合せフォームを追加」という項目が新たに出てきます。それをクリックすると、投稿内に自動でタグが埋め込まれます。

名前、メールアドレス、WebサイトURL、メッセージのみのシンプルなものですが、簡単なもので構わないならば十分でしょう。

Jetpack by WordPress.comは、管理画面「プラグイン」→「新規追加」で検索して、インストールできます。

Contact Form 7

最も有名と思われるお問合せフォームプラグイン

Contact Form 7は、お問合せフォームを設置できるプラグインの中では最も有名なものではないでしょうか。公式サイトがあり、読めばどのように使えば良いかが分かりますが、編集には若干のHTMLの知識が必要となります。

Contact Form 7の優れている点は、強力なアンチスパム機能にあります。

サイトの閲覧数が増えるほどにスパム対策は必須となりますが、Contact Form 7ならばその辺りがフォローされているので安心して使えると思います。

Akismetによるフィルタリング、reCAPTCHAのbotのブロックが秀逸です。またコメントブラックリストでキーワードやIPを指定してブロックすることも可能です。

プラグインから新規追加でインストールし有効化すると、一覧から設定ができるだけでなく、メニューの一覧にお問合せという項目が追加されます。フォームは初期状態ではお名前、メールアドレス、題名、メッセージ本文が設定されているだけの単純なものですが、追加編集が可能です。

また問題なくメッセージが送信されたとき、何らかの入力漏れがあったときなどに応じて送信後に表示されるメッセージを柔軟に変更できるなど、カスタマイズ性が非常に優れているのもポイントです。

Contact Form 7は、管理画面「プラグイン」→「新規追加」で検索して、インストールできます。

プラグイン追加による機能拡張

Contact Form 7では、プラグイン単体では送信後の確認画面をつけられませんが、「Contact Form 7 add confirm」などのプラグインを追加で入れれば、確認画面は表示可能です。

また、Contact Form 7と同じ作者の「Flamingo」プラグインを入れることで、問合せ一覧をWordPress管理画面から見ることができて便利です。

MW WP Form

プロが使うならばこれ一択?

MW WP Formは、Contact Form 7よりも更にHTMLの知識を必要とします。

デフォルトの初期設定などはなく、1からフォームを作り込む必要があります。ただMW WP Formほどにカスタマイズ性に優れたプラグインはないといってもよく、プロが使うならばこれ一択といっていいくらいのプラグインだと思われます。

MW WP Formでフォームを作るさい、フォームに関するある程度の知識が必要になってくるため、初級者にとっては、事前の学習が必要です。それは、HTMLの中のフォームについてのタグなどの知識です。

特に送信後の確認画面を出すのならば、MW WP Formがおすすめです。

MW WP Formでは、確認画面も送信完了画面もしっかりと作ることができます。また、問合せ者への自動返信メールの文面、管理者へのメールの文面も、ほぼ希望するとおりに作れます。

Webサイトへ問合せるとき、確認画面がなくいきなり内容が送信されてしまうと間違いがなかったか後で不安になってしまいます。しっかりしたお問合せフォームを作りたいならば、是非MW WP Formを使いこなせる程度にHTMLを学習して望みましょう。

問合せ一覧表示については、Contact Form 7ではプラグインの追加が必要なのに比べ、MW WP Formはプラグイン単体で対応しています。

MW WP Formは、管理画面「プラグイン」→「新規追加」で検索して、インストールできます。

 

まとめ

  • お問合せフォームは、Webサイトのビジネス利用に必須。
  • WordPressの代表的なプラグインにJetpack、Contact Form 7、MW WP Formがある。
  • Contact Form 7やMW WP Formでの細かいカスタマイズには、HTMLの知識がある程度必要。
  • 確認画面の表示は、MW WP Formはプラグイン単体で対応している。
LINEで送る
Pocket