初級者向け

【基本】WordPressのパーマリンクって何?

文中の説明画像をクリックすると拡大します。

LINEで送る
Pocket

この記事は約5分で読めます。

WordPressのパーマリンクとは何か?

パーマリンク(permalink)とは、URLの末尾の部分にある部分のことで、ブログやサイトの個々の投稿、カテゴリーなどの恒久的(半永久的)な URLです。

WordPressをインストールしたデフォルトの状態で、さまざまな機能を使ってページを作成すると、「?p=123」などとなっています。

このURLはページを公開してからは基本的にずっと使うものですから、このままのデフォルト状態ではあまりいいとは言えません。

なぜなら、ページURLは検索エンジンや人間が理解しやすい物にすべきだからです。

例えば、投稿タイプやカテゴリなどをサイトの構造を表したURLにすることで、人間がブラウザで見る際にも分かりやすいですし、検索エンジンもクロールしやすくなるはずです。

そこで、WordPressをインストールしてから最初にやっておきたいのが、このパーマリンク設定ということになります。

パーマリンクは自分で変更することができます。

パーマリンクを最初に設定したい理由

WordPressのインストール後に最初にパーマリンク設定をやっておきたいと書きました。

もし、最初に設定しておかないでそのまま記事をいくつも投稿し、その後変更することになったら一体どうなるのでしょうか。

  • SNSのシェア(外部リンク)がリセットされてしまう
  • 内部リンクがリセットされてしまう
  • SEO効果がリセットされてしまう

このようにいろいろとリセットされてしまい、不都合です。

具体的に見ていきましょう。

まず、良い記事や広く共感を呼ぶような記事を書いていて、TwitterやFacebookなどのSNSで共有されていた場合、後からパーマリンクを変更すると、リンク先が行方不明になっているためせっかく拡散されていた記事・拡散の効果が生かされません

また、サイトやブログを運営していると、過去の関連記事へのリンクを設定することもありますが、そんなときも同じように、パーマリンクを変更したらリンク先は行方不明になり、記事同士のリンクによる相乗効果がなくなってしまいます

SEO効果もリセットされてしまうというのは、(単純な見方をすれば)SEOは外部リンクの多さ、つまり客観的な評価の高さによって順位が定まるという性格があるので、外部からのリンク(被リンク)の効果がなくなることによって、そのSEO効果がリセットされてしまいます。

また、評価はパーマリンク毎について与えられるので、いくらGoogleからの評価が高い記事を過去に書いていても、そのパーマリンクを変更することでリセットされてしまいます。

というわけで、まず最初にパーマリンクの設定をして、後からパーマリンクは変更しないようにするべきなのです。

パーマリンクの設定方法

パーマリンク設定の方法は、以下の通りです。

WordPressをの管理画面(ダッシュボード)の左サイドメニューの下の方に「設定」があるので、その中の「パーマリンク設定」を選んでください。

その画面の「共通設定」の中に「カスタム構造」が見つかれば、黒ポチを「デフォルト」から「カスタム構造」に移してください。

「カスタム構造」という文字の下、もしくはとなりに空欄があると思うので、その中に「/%category%/%postname%」と入力していただければ、一番下の「変更」を押して完了、記事を投稿する際に手動でパーマリンクを設定・変更できるようになります。

おすすめのパーマリンクはどんなもの?

パーマリンクは、Googleの方からおすすめされているものがあります。

Googleの「シンプルなURL構造を維持する」という項目にもあるように、パーマリンクは以下のようなルールにのっとって記述することが望ましいとされています。

  • URLはできる限りシンプルに記述する。
  • 論理的で、人間に理解できるような方法で(意味のある単語を使って)記述するようにする。

実際、Googleのアルゴリズムはユーザビリティを重視したサイトに対して好意的に働くようになってきており(近年特にその傾向が顕著です)、URLに関しても人間に読みやすいものがSEO的にも評価されるようになっています。

つまり、上記2項目を意識してパーマリンクを設定することができれば、そうでないサイトやブログに比べて、Googleでの検索順位でも優位に立つことができるかもしれませんね。

特に、パーマリンクのつけ方としては以下の2パターンが定番とされています。

  1. /カテゴリ名/記事タイトル
  2. /記事タイトル

意味のうえでは、「カテゴリ名」をより詳細に表したのが「記事タイトル」という具合です。

例えば、「/くだもの/みかん」「/動物/犬」という関係です。

URL内では、パーマリンクの前にサイト・ブログ名が書かれていますから、「サイト・ブログ名」→「記事タイトル」と移動する2.よりも、1.の方が「カテゴリ名」によって意味がわかりやすくなることから、1.の方がおすすめです。

まとめ

  • パーマリンクはWordPressのインストール後、速やかに設定する。
  • パーマリンクの書き方は、「/カテゴリ名/記事タイトル」がおすすめ。
  • パーマリンクには、読んで意味の分かる単語を使用する。
LINEで送る
Pocket